おでかけ

おでかけ

【神戸】ル・ディマンシュ(Le Dimanche)|パン屋さんのおいしいランチ

ル・ディマンシュはトアロードに店を構えているパン屋さんです。お店に入るとカウンター、パンを置いているコーナー、テーブル席が目に飛び込んできます。ヨーロッパのお店のような、オシャレな雰囲気に心躍ります。
おでかけ

【神戸】ル・ディマンシュ(Le Dimanche)|ブティックみたいなかわいいパン屋さんのランチ

トアロードにあるル・ディマンシュは店構えがとってもオシャレ。パンの販売のほか、11:30~14:30はランチセットを提供しています。購入したパンをイートインするのでも大丈夫。おいしそうなパンがいろいろあったのでパンのイートインも考えたのですが、せっかくなのでランチセットをいただくことにしました。
おでかけ

焼き物の里・砥部で素敵な食器をお迎えする【高知・愛媛旅行8】

日本にはいくつかの陶器の産地があります。四国だと真っ先に思い浮かぶのは砥部焼(とべやき)でしょうか。松山からそう離れていないところに焼き物の町・砥部町があるので寄ってみました。砥部焼の特徴といえば、ぽってりとした厚みのある白磁に、ブルーの模様が印象的です。
おでかけ

栗の産地、城川。栗菓子がいろいろある道の駅きなはい屋しろかわ【高知・愛媛旅行7】

愛媛の有名な栗の産地と言えば中山栗を思い浮かべるのですが、城川も良質の栗が採れるのだそう。栗きんとんを求めて立ち寄ったのは道の駅きなはい屋しろかわです。お目当ての栗きんとんは箱入りと1個売りがありました。すぐに食べてみたくて箱入りと1個売りの両方を買い上げ。食べてみると、栗!栗!!栗!!!原材料が栗と砂糖のみだけあって、栗の風味が強くて茹で潰した栗を食べているかのよう。甘さは控えめです。
おでかけ

食が充実していて楽しい!道の駅よって西土佐【高知・愛媛旅行6】

なにも知らないままふらりと立ち寄った道の駅よって西土佐は2016年4月10日にオープンしたばかりの新しい道の駅でした。建物が今風でとってもオシャレ。産直コーナーは大胆にも軽トラを使ってディスプレイしていました。鮎の売店を併設しています。
おでかけ

白亜のリゾートホテル、足摺テルメに泊まる【高知・愛媛旅行5】

旅行先を足摺に決めたのは、ホテルを探していた時に目にとまった足摺テルメに泊まってみたい!と思ったから。山の中腹にあるホテルなのでロケーションはいいし、温泉あるし、料理もおいしそう。リフレッシュ旅行にぴったりです。足摺テルメはこんな宿泊施設でした。
おでかけ

マンボウを正面から見たことがある?なければ足摺海洋館へGO!【高知・愛媛旅行4】

足摺海洋館と足摺海底館は”お隣同士”。少し距離はありますが、歩いても行き来ができます。中に入ると真っ先に目に飛び込んでくるのは、海洋水槽(大水槽)。 高さ9mの水槽には、いろいろな魚たちが回遊しながら泳いでいます。
おでかけ

ガラスの向こうは海の中。魚たちの日常を観察できる足摺海底館【高知・愛媛旅行3】

高知県土佐清水市にある海中天然ミュージアム足摺海底館に行ってきました。足摺海底館は海の中を見ることができる施設。窓の向こうにはふだん目にすることのない、魚たちの日常の世界が広がっていました。
おでかけ

道の駅なぶら土佐佐賀で絶品カツオのたたきを食べる【高知・愛媛旅行2】

道の駅なぶら土佐佐賀に着いたのは12時少し前。下調べをしていなかったので知らなかったのですが、ここのフードコートはなんと明神丸!明神丸と言えば、高知市内にある飲食店が集まるひろめ市場でいつも行列ができている人気のお店です。
おでかけ

道の駅あぐり窪川に立ち寄ったら必ず買う、新節削り【高知・愛媛旅行1】

窪川で高速道路の無料区間が終わり、一般道に入るとすぐに道の駅あぐり窪川があります。地域の特産品や産直(野菜他)、レストランがあり、お土産を買ったり休憩するのにぴったりです。ここに来ると必ず買うのが新節削り。この新節削りがとってもお気に入り。花かつおよりも少し厚めに削られていて、それでいてふわりと柔らかい。風味がよくて、冷ややっこに乗せても、炊き立てごはんに乗せて食べてもおいしいのです。
おでかけ

ハーバルハウスから学ぶ、暮らしのあり方、モノとの向き合い方

今回の東京旅行で、わたしはどうしても行ってみたいところがありました。ガーデニングを趣味にしているわたしにとって憧れのお庭、埼玉にあるハーバルハウスです。
おでかけ

離島キッチンで日本の島の恵みを食す【東京・神楽坂】

海に囲まれた日本には、たくさんの島があります。 その数なんと「6,852」なのだそう。 わたしは瀬戸内国際芸術祭で瀬戸内の島を回り、その時に島の伝統の食事や、おいしい魚料理にたくさん出会いました。素朴ながらも島の人の知恵と工夫が詰まった料理は、どれもとってもおいしかったのです。 そんな「島」をテーマに扱ったお店って、すっごく気になる! 島根県海士町の観光協会が運営している離島キッチンに行ってみました。
おでかけ

とろーり、なめらか。ACHOのプリンは絶対に食べたかった!【東京・神楽坂】

神楽坂にあるプリンと焼き菓子のテイクアウトショップ、ACHOに行ってきました。こじんまりとしたお店には、数種類のプリンが並んでいて、どれもとってもおいしそうです。夕方に行ったので品切れになっているものもありましたが、それでも目移りしてしまいます。あれこれ悩んで選んだのは...
おでかけ

関東風桜餅発祥の桜餅を食べたくて、長命寺に行く【東京・向島】

関西の道明寺を使った桜餅とは異なる姿をした関東風桜餅。そんな関東風桜餅発祥の店があると知って、行ってきました。浅草寺から徒歩約20分、長命寺桜もちのお店は首都高速の高架の下にありました。
おでかけ

D&DEPARTMENTが運営するd47食堂で、日本の「美味しい」を食べる【東京・渋谷】

渋谷ヒカリエにあるD&DEPARTMENTが運営するd47食堂に行ってきました。日本各地の食材を使った定食屋さん。それだけでなんだかとってもおいしそう!わたしは山形定食 山伏豚の生姜焼きを、夫は長崎定食 松浦港のアジフライを注文。
おでかけ

酒が呑めない女一人の2泊3日高知滞在。泊まったホテルと食べたもの【高知】

2泊3日で高知に行ってきました。高知と言えばお酒好きな県です。でも下戸のわたしはお酒は飲めません。そんなわたしの高知滞在記、食べたものとホテルを紹介します。
おでかけ

【高知】霧の森大福に負けず劣らず!?ほうじ茶大福「満天の星大福」がとってもおいしかった

暑い日が続くので、涼を求めて四国カルストまで遊びに行ってきました。そこで出会ったのがほうじ茶大福の「満天の星大福」。霧の森大福と同じ型がプロデュースしているこの大福、ほうじ茶の香りがとっても良く、あんことクリームが絶妙にマッチしています。
スイーツを楽しむ

愛媛|栗の味が口いっぱいに広がる。栗子ろりんは秋に楽しみたいお菓子

秋になるとあちらこちらで栗を使ったお菓子が目につくようになりますが、その中でもひときわ目を引いて気になったのが「栗子ろりん」というお菓子です。 わたしではなく、芋栗大好きな夫が、見つけていました。おいしそうだったので買ってみたら、わたしのほうがハマってしまいました!
おでかけ

霧の森大福を買いたくて新宮の「霧の森」へ!6月ならあじさいも見ごろです|愛媛

霧の森大福って知っていますか?抹茶を使った大福で、お取り寄せですごく人気の高い和菓子です。 どのくらい人気があるかというと、通販だと不定期販売で、しかも抽選でしか手に入らないというハードルの高さです。 そんな霧の森大福を食べたくて、愛媛県新宮(しんぐう)町に行ってきました。
おでかけ

【明石】アツアツふわふわトロットロ。魚の棚にあるよし川の明石焼(玉子焼)

明石名物と言えば玉子焼(明石焼)。見た目はたこ焼きなのですが、ソースじゃなくてダシにつけていただく食べ物です。明石の魚の棚にある「よし川」で玉城焼を食べました。出来たてはフワフワトロトロでとってもおいしい!