離島キッチンで日本の島の恵みを食す【東京・神楽坂】

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

離島キッチンで日本の島の恵みを食す【東京・神楽坂】

離島キッチン「淡路島のタコの唐揚げ」「八丈島のムロアジメンチカツ」

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

海に囲まれた日本には、たくさんの島があります。
その数なんと「6,852」なのだそう。(WIKIより

わたしは瀬戸内国際芸術祭で瀬戸内の島を回り、その時に島の伝統の食事や、おいしい魚料理にたくさん出会いました。

素朴ながらも島の人の知恵と工夫が詰まった料理は、どれもとってもおいしかったのです。

そんな「島」をテーマに扱ったお店って、すっごく気になる!

島根県海士町の観光協会が運営している離島キッチンに行ってみました。

スポンサーリンク

10数年ぶり!?のミニオフ会

離島キッチンへは夫と私のほか、

の5人で行きました。

わたしは以前は海外旅行記の”ホームページ”を運営していて、かおるさん、ゆりこさん、茶柱さんはその旅行サイトを通じて知り合い、仲良くしていただいている方たちです。

わたしがホームページを立ち上げたのは1998年。なんと19年前!

「旅行」という共通の趣味がもたらしたご縁がずっと続いています。
東京で、香川で、何度かお会いしていて、わたしの結婚式のときに素敵な電報をくれたり、我が家に遊びに来てくれたこともあるのです。

今回の東京旅行で久しぶりの再会をしました。

離島キッチン

神楽坂のメインストリート、早稲田通りから一歩奥に入ったところに離島キッチンはあります。建物の2階、3階部分がお店。

離島キッチン

人気のお店なので予約をしておきました。
お店でその旨を告げると、案内されたのは3階フロア。
お店に入ったときはお客はまだまばらだったけれど、時間とともに満席になりました。予約しておいてよかった!

離島キッチン

お皿も島にゆかりがあるもの

ドリンクを注文すると、お通しと取り皿が運ばれてきました。
2種類の取り皿のうち1枚が、なんだか変わった形をしています。
これ、なんだかわかりますか?

小豆島が浮かび上がるお皿「Full tide ⇄ Ebb tide」

「おおー、小豆島のお皿!」

わたしと夫はすぐに気が付きました。瀬戸内国際芸術祭2013の作品の一つ、寺木 南さんの「Full tide ⇄ Ebb tide」です。

醤油をお皿に入れると、小豆島が浮かび上がってくるんですよ。

小豆島が浮かび上がるお皿「Full tide ⇄ Ebb tide」
瀬戸内国際芸術祭2013で展示されていた「Full tide ⇄ Ebb tide」
寺木南さん作(東京藝術大学プロジェクト)

お皿にまで島にこだわるなんてすごいな。
これだけでもワクワクしちゃう!

ちなみにこのお皿、小豆島に行くと売っているお店があります。
高松ではどうだっただろう・・・?

「島」にゆかりのある食材を使った、離島キッチンの料理

離島キッチンは島の食材や食文化を扱ったお店です。
「岩城島のレモンポーク焼き」といった肉料理もありますが、どちらかというと魚介類を使ったメニューのほうが多いみたいです。

 

お通し

離島キッチン、お通し

お通しは2種類。篠島のしらすと、もう一つは何だったっけ?(覚えてない・・・)

 

「屋久島の鯖スモークのサラダ」

離島キッチン「屋久島の鯖スモークのサラダ」

サバがいい味をしているんです。このサラダ、おいしかったなあ。

 

「島のお造り二種盛り合わせ」

離島キッチン「島のお造り二種盛り合わせ」

隠岐島の白いかと、もうひとつはなんだろう?

 

「淡路島のタコの唐揚げ」「八丈島のムロアジメンチカツ」

離島キッチン「淡路島のタコの唐揚げ」「八丈島のムロアジメンチカツ」

瀬戸内海はタコがよく獲れるんですよ。そしてこのタコが柔らかいー!

ムロアジメンチカツは店員さんの提案で人数分の5個を用意してくれました。
これが臭みもないし、ふわっと揚がっていてとってもおいしかったんですよ。

 

「隠岐島のこじょうゆ味噌の炙りおにぎり」

離島キッチン「隠岐島のこじょうゆ味噌の炙りおにぎり」

隠岐では元々醤油文化がなく、こじょうゆ味噌という調味料を使っていたのだそう。
そんなこじょうゆ味噌を塗って炙ったおにぎりは、醤油とも味噌とも違う香りで、炙ってあるから香ばしくってとってもいい感じ。

写真を撮っていませんが、他にも「壱州豆腐の厚揚げ」「粟島の一人娘の枝豆」「種子島の安納芋フライ」なんかをいただきました。

離島キッチンで食べた両料理に関係する島

小豆島で唯一の酒蔵、森國酒造の「うとうと。」

離島キッチンで扱うアルコール類は、これまた島に関係あるものになっています。

わたしと夫は下戸なのですが、他の方たちはお酒を楽しんでいました。
その中で茶柱さんが注文したのが「小豆島 森國酒造 うとうと。(純米酒)」という日本酒です。

小豆島 森國酒造 うとうと。(純米酒)

とってもオシャレな器に入ってでてきました!

森國酒造は小豆島で1軒しかない酒蔵です。

森國酒造
森國酒造

瀬戸内国際芸術祭で小豆島に行ったときにお店には立ち寄ったのですが、下戸夫婦なのでなにも買わずにお店を後にしちゃったんですよね。

さてこの「うとうと。」というお酒。一口味見させていただいたのですが、飲んでみてビックリ!

ふわっと軽い口当たりで旨味があり、鼻から抜ける香りもいい。すっごくおいしいぃー!

夫と思わず顔を見合わせちゃいました。

で。
このお酒がどれくらいおいしかったかと言いますと。

下戸夫婦なのに買って飲みたい!と、今、地元で探しています(笑)

でも、たくさんは呑めないので300mlくらいのでいいの。
夕飯のときにお猪口で(持ってないけど)ちょっと飲めるといいなあ。

・・・どれだけ気に入ったんだ、という感じですね(笑)

島の食事はすばらしかった

瀬戸内国際芸術祭で瀬戸内の島巡りをしたときにも思ったのですが、島の料理って素朴ながらもとってもおいしいのです。

特に魚料理は魚を隅から隅まで知り尽くしているよね!とうなるくらい、臭みが無かったり、骨をきれいに取り除いていたり、骨ごと食べることができたりします。

離島キッチンでもそんな料理を堪能することができて満足♪

魚にも旬があるので、今はもうメニューが変わっているみたい。
機会があったら違う季節に足を運んでみたいお店です。

離島キッチン 神楽坂店のお店情報

お店:離島キッチン 神楽坂店
住所:東京都新宿区神楽坂6-23
営業時間:11:30〜14:00
     18:00〜22:00
     月曜日は夜のみの営業
定休日:不定休
WEBサイト:http://ritokitchen.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク