【大阪】cafe サルンポヮク|箕面駅近くでビーガン料理を楽しめるお店

cafe サルンポヮク

大阪で用事があるという夫。

朝8時過ぎから13時頃までの半日を1人で過ごさなければいけなくなり、どこに行こうかなと思案して。天気が良かったので箕面の滝を見に行くことにしました。

箕面駅から滝までを往復して、時間はちょうどお昼前。

駅に置いてあった観光パンフレットをチェックすると、「動物性の食材・白砂糖・乳製品・卵を一切使わないビーガン」という一文が目にとまりました。

わたしはビーガンではないけれど、体に優しそうな食事は大好き!

cafe サルンポヮクに行ってみることにしました。

スポンサーリンク

cafe サルンポヮク

cafe サルンポヮク

箕面駅近くの路地裏にcafe サルンポヮクはありました。
古い住宅を改装したお店のようです。
ヨーロッパの路地裏を思わせるような雰囲気が素敵!

cafe サルンポヮク

敷地内にはcafe サルンポヮク、サルンポヮクの2階にミカリ・ギャラリー、隣に暮らしのステキ雑貨「緑」があります。

「緑」では中欧の雑貨を扱っていました。
中欧の陶器ってぽってりとしたフォルムと模様がかわいらしいですよね。

暮らしのステキ雑貨「緑」

cafe サルンポヮクはこの青い扉のほう。
入り口から入ってすぐのところに注文カウンターがあるのですが、まず席を確保してそれから注文してくださいとのこと。

cafe サルンポヮク

確保したのは窓側の2人席。
窓からの景色がたまりません。
こんな景色大好き・・・!

cafe サルンポヮク

室内は素朴で温かみのある雰囲気です。

cafe サルンポヮク

わたしが注文したのはミネストローネと天然酵母パンのセット。
他のランチメニューはうすあげバーガーや玄米カレーがあります。

パンにはバターやマーガリンではなく、オリーブオイルが添えられていました。こんなところにビーガンメニューらしさがでていますね。

cafe サルンポヮク ミネストローネと天然酵母パン

ふんわりと焼きあがっているパンはほんのりと温かく、グラハムが入っているのかな、香ばしさがあります。

ミネストローネも動物性のものを使っていないの?と思うくらい、しっかりとコクがあっておいしかったです。

cafe サルンポヮク ミネストローネと天然酵母パン

かわいい器は食べ終わってから裏返してみると、ポーランド製でした。
隣の「緑」で同じものを買うことができます。

お店も素敵だし、お料理も体に優しくて、近くにあったら通いそう。
いいお店に出会えてよかったです。

cafe サルンポヮクのお店情報、営業時間、定休日

\\大阪旅行の記事一覧はこちら//
大阪旅行の記事一覧

おでかけ
スポンサーリンク
さえをフォローする
スポンサーリンク
モノと向き合う 暮しを考える

コメント