道の駅なぶら土佐佐賀で絶品カツオのたたきを食べる【高知・愛媛旅行2】

道の駅なぶら土佐佐賀

道の駅あぐり窪川を出発して、次の道の駅、なぶら土佐佐賀へ。
あぐり窪川からは車で30分くらいでした。

「なぶら」とは土佐弁で「群れ」を意味する言葉だそう。
「佐賀」は道の駅があるあたりの地名です。

四国の地図。高知旅行2017のルート

道の駅あぐり窪川に立ち寄ったら必ず買う、新節削り【高知・愛媛旅行1】
窪川で高速道路の無料区間が終わり、一般道に入るとすぐに道の駅あぐり窪川があります。地域の特産品や産直(野菜他)、レストランがあり、お土産を買ったり休憩するのにぴったりです。ここに来ると必ず買うのが新節削り。この新節削りがとってもお気に入り。花かつおよりも少し厚めに削られていて、それでいてふわりと柔らかい。風味がよくて、冷ややっこに乗せても、炊き立てごはんに乗せて食べてもおいしいのです。

スポンサーリンク

道の駅なぶら土佐佐賀のフードコートは明神丸

道の駅なぶら土佐佐賀

道の駅なぶら土佐佐賀に着いたのは12時少し前。

下調べをしていなかったので知らなかったのですが、ここのフードコートはなんと明神丸!明神丸と言えば、高知市内にある飲食店が集まるひろめ市場でいつも行列ができている人気のお店です。

余談ですが、明神水産のカツオのたたきはお取り寄せができますので、「高知まではなかなか行けない・・・」という方はぜひ。
ウチは高知にいる親戚が毎年お歳暮で明神水産のものを送ってきてくれます。

明神水産のカツオのたたきをお取り寄せ

明神丸で鰹のランチをいただく

建物の入り口から入って右側がフードコートになっていました。

道の駅なぶら土佐佐賀のフードコート、明神丸

メニューは

  • カツオのタタキ定食(種類あり)
  • タタキ丼(種類あり)
  • カツオカツカレー
  • カレーうどん
  • わかめうどん
  • なぶら天うどん
  • カツオバーガー

といった感じで種類は多くないのですが、カツオを使った料理がいくつかあるのがうれしいですね。

カツオのタタキは店内でちゃんと藁焼きで作っているので、できたてを食べることができます。

店舗の入り口にある券売機で食券を買うと、自動的に厨房にオーダーが入ります。料理ができたら番号で呼んでくれるので、席で待っていればOK!

タタキ丼(800円)

夫が選んだのはタタキ丼。

道の駅なぶら土佐佐賀のタタキ丼

肉厚のカツオのタタキがたっぷり。これで800円は安い!

道の駅なぶら土佐佐賀のタタキ丼

このタタキが甘みがあって臭みはなく、じつにおいしいのです。
藁の香りも食欲をそそります。
どんぶりなので手軽に食べることができるのもいいですよね。

鰹カツカレー(700円)

わたしが選んだのは鰹カツカレーです。

道の駅なぶら土佐佐賀の鰹カツカレー

サクッふわっと揚がった大きな鰹カツが3つも乗っています。
カレールーもカツオのダシとコクがあって、肉系のカレーとはまた違ったおいしさ!カツオの風味はあるのに、魚臭くなっていないところがすごい。

このカレーにはやられちゃいました。
食べてみる価値がありますよ!

道の駅なぶら土佐佐賀の鰹カツカレー

道の駅なぶら土佐佐賀の物販コーナー

食事の後に物販コーナーを見て回ったのですが、明神水産が出店しているのでお土産にカツオのタタキを買うことができます。

道の駅なぶら土佐佐賀の明神水産のコーナー

鰹カレーのレトルトもありました。
人気があって商品化の声にこたえて作ったみたいです。

うん、わかる・・・!おいしかったもの!

道の駅なぶら土佐佐賀のレトルトの鰹カレー

他にも高知らしいお土産がいろいろとあって楽しめました。

初めて立ち寄った道の駅なぶら土佐佐賀ですが、かなり良かったです。
またこちらのほうに来ることがあれば必ず立ち寄りたい!そんな道の駅でした。

ガラスの向こうは海の中。魚たちの日常を観察できる足摺海底館【高知・愛媛旅行3】
高知県土佐清水市にある海中天然ミュージアム足摺海底館に行ってきました。足摺海底館は海の中を見ることができる施設。窓の向こうにはふだん目にすることのない、魚たちの日常の世界が広がっていました。

\\高知旅行の記事一覧はこちら//高知旅行の 記事一覧

おでかけ
スポンサーリンク
さえをフォローする
スポンサーリンク
モノと向き合う 暮しを考える

コメント