一気にたためる「Shupatto(シュパット)」はたたむ作業が苦手な方にオススメのエコバック

エコバッグShupatto(シュパット)
エコバッグShupatto(シュパット)

たたむのってなんか苦手なんですよ・・・。

2020年7月1日からレジ袋の有料化が始まりますね。

近所のスーパへ買い物に行くときは自作のエコバッグを使っています。
でもこのエコバッグ、しっかりした布でつくったので折りたたんで持ち運ぶには適していません。かさばるのです。

ショッピングモールは「服を見たい」「雑貨を探したい」という目的で足を運ぶことが多く、ついついエコバッグを持っていくのを忘れていました。

そこでカバンに入れて持ち運べるエコバッグを探し、Shupatto(シュパット)を購入しました。これ、簡単にたたむことができるんです!

スポンサーリンク

Shupatto(シュパット)のコンパクトバッグ

エコバッグShupatto(シュパット)

「一気にたためるコンパクトバッグ」
それがShupatto(シュパット)の売り文句です。

シュパットのコンパクトバッグはMサイズとLサイズがあり、「大は小を兼ねるよね」ということでLサイズを購入しました。

手に持つとこんな感じです。ちょっと大きめ。
幅が約10cm、巻いた直径は約7.5cmです。

エコバッグShupatto(シュパット)

重さは154gでした。

エコバッグShupatto(シュパット)

バッグを広げてみます。

エコバッグShupatto(シュパット)

ボタンをはずして巻いていた部分をほどいたところです。

エコバッグShupatto(シュパット)

折りたたんだところを広げて、

エコバッグShupatto(シュパット)

もう一度広げると持ち手になる部分(ベージュ色)があらわれます。
ここまで広げた長さは約1mありました。

エコバッグShupatto(シュパット)

ひもを引っ張り出すと袋状になります。

エコバッグShupatto(シュパット)

しまうときはこの両端をひっぱると

エコバッグShupatto(シュパット)

あっというまにたたみやすい形に戻ってくれます。2回折ってくるくると巻くと、元のころんとした形に整います。

難点は、下の写真のようなぺったんとした形なのでモノが少し入れにくいです。とくに入れ始め。ある程度ものが入ったら袋の形がはっきりしてくるので問題はないです。

エコバッグShupatto(シュパット)

探してみると自分の苦手を補ってくれる商品ってあるのですね。

わたしは「折りたたむ作業」をわずらわしく感じるので、まるめやすい形に戻ってくれるのはすごくありがたいです。たたまなくていいと思えるだけでストレスが減りました。

暮らしの道具
スポンサーリンク
さえをフォローする
スポンサーリンク
モノと向き合う 暮しを考える

コメント