暮らしの中にわくわくすることを、つくる、みつける

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

暮らしの中にわくわくすることを、つくる、みつける

ある日曜日。朝からわくわくしました。さえ(@SoranoHami)です。

↑字が間違っていますね。X入れる→〇淹れる

ああ、そっか。
暮らしってこういうことの積み重ねなんだなあと、ふと思ったのです。

スポンサーリンク

コーヒーがつまらないものになっていた

コーヒーのブリューワースタンドとコーヒーケトルを新しくお迎えしました。

KINTOのブリューワースタンドセットとタカヒロのコーヒーケトル

ずいぶん前にコーヒーサーバーを割ってしまったのです。
メジャーカップで代用しながら、新しくお迎えするものを探していました。

メジャーカップをコーヒーサーバーの代わりに使う

メジャーカップでもコーヒーを入れることはできるけれど、なんだろう、この残念感・・・!

なんだかちっとも楽しくないのです。

見た目のせい?
それとも、間に合わせのものだから?

たかがコーヒー、されどコーヒー。
朝からテンションが下がるのはなんとも悲しいものです。

KINTO ブリューワースタンド

新しくお迎えするものは使ってわくわくするものがいいなと考えていました。

今まで使っていたものと同じカリタのコーヒーサーバーを買うのが一番手っ取り早くてコスト的にも安いのですが、カリタのコーヒーセットは「適当」に買ったものだったので、そこまで思い入れがありません。

素敵なものはないかな?と探していたときに、目にとまったのがKINTOのブリューワースタンドです。レトロな雰囲気とカッコ良さに一目惚れ!

KINTOブリューワースタンド

だけどちょっぴり高いんですよね。

コーヒーサーバーを買い替えるだけなら、1000円とか1200円でもあるのに、ブリューワースタンドだとその10倍はかかります。

さんざん悩みました。

もったいないかな
いやでも素敵だし
スタンドなんてなくてもコーヒーは淹れることができるし
いやでもスタンドがあるとオシャレな感じがする!

やっぱり使うものは気に入ったものがいいと思い、思いきってお迎えすることに。

届いたブリューワースタンドは、見ているだけでわくわくします。

KINTOブリューワースタンド

レトロな雰囲気とか、ちょっと実験道具っぽいかんじとか、すっごく好み。

ドリッパーの高さは調整できるようになっているのですが、スタンドの形に注目。円柱ではなく片面を削った形をしているのです。これだと高さ調整をしたときにドリッパーがくるくる回ることはありません。

小さなことだけど、ストレスなく高さの調整ができるのはとても楽です。

KINTOブリューワースタンド

お気に入りの道具でコーヒーを淹れる幸せ

さっそくコーヒーを淹れてみました。

ブリューワースタンドをつかって、コーヒーを入れる

休みの日の朝はコーヒーを淹れるのですが、なんだろう、いつもと全然違う。

お気に入りの道具を使って、ゆっくりと淹れるコーヒー。

たったそれだけのことなのに、気分はわくわく、自然と顔がにやけてきます。

道具が変わるだけで、こんなにも気持ちに違いがでることにびっくり。
こんなに楽しい気持ちになれるのなら、さっさと買えばよかった!(笑)

KINTOブリューワースタンド

「ていねいな暮らし」はよく耳にする言葉だけど、それはきっと大げさなものじゃなくて、こんな風に「自分が心地よく感じることを重ねていく」ということなんだなあと、部屋に漂うコーヒーの香りの中で思いました。

今回わたしが起こした行動は、「一目惚れをしたコーヒースタンドを買った」だけ。

お気に入りの道具でコーヒーを淹れる。ただそれだけのことなんだけど、わくわくして、楽しくて、幸せな気持ちになれて。

こんな小さなわくわくを重ねていくことが、「ていねいな暮らし」や「豊かな暮らし」につながっていくのだと思うのです。

コーヒー

片付けもバッチリです

ブリューワースタンドと一緒に、ずっと欲しいと思いながら買っていなかったコーヒーケトルもお迎えしたので、急にモノが増えちゃったけれど。

片付けに取り組んでいたので、キッチンの棚に難なく収めることができました。

収納に余裕があると、新しいものを受け入れやすいのです。

キッチンの棚にコーヒーの道具を並べて

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク