お正月を迎える準備を整える。今年のお正月飾り、しめ縄とお花はこんな感じです

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

お正月を迎える準備を整える。今年のお正月飾り、しめ縄とお花はこんな感じです

いよいよ年末も押し迫ってきました。
一昨年、昨年は大掃除のレポートを書きましたが、今年は書かずに終わってる・・・!

うん、でもまあ、やっていることは毎年変わらないです。タンスや冷蔵庫といった大物を動かして、後ろのホコリを取り除いて。いつもの掃除にプラスして、11月くらいからエッサホイサとふだんできていないところをきれいにしています。

今日は玄関に水を流して、磨き上げました。

水を流してきれいに洗った玄関

年末大掃除|玄関の掃除は水を流してきれいさっぱり!
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。 子供のころに住んでいた家はコンクリー...

そうそう、こちらの玄関掃除の話は、「ナースときどき女子」というサイトの、「オフの日に集中?それとも出勤前に少しずつ?自分に合う年末大掃除法を見つけよう!」という特集記事の中で紹介されました。

スポンサーリンク

今年のお正月飾り

今日は12月28日。末広がりの「八」が入っている日です。
きれいになった玄関に、しめ飾りを飾りました。

しめ飾り

今年のしめ縄はオレンジ色っぽい感じ。

去年のしめ縄がとても気にいっていてまた欲しかったのだけど、探しきれなくてあきらめました。クリスマス真っ只中の25日に買いに行っても、目につくところには置いてないよね(苦笑)

 

お正月飾り。いつからいつまで飾るのがいいの?
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。 大掃除が終わり、お正月のお買い物も済ませて、あと...

 

鏡餅も市販の出来合いのものですが、飾りました。
中に丸餅が5個入っています。少しずつ食べることができるので、いつもこのタイプのものを選んでいます。

鏡餅

玄関を飾るお正月の花

今年のお花は若松葉牡丹を選びました。
ほかに「これ!」と思うものが無かったという、とっても単純な理由です。

お正月の花、若松と葉牡丹

買う時にこの組み合わせだと和風すぎるかな?と思ったけれど、周りが観葉植物でグリーングリーンしているせいか、違和感なくうまくなじみました。

2014年はしだれ柳
2015年は赤目柳
柳が続いたので、ピシ!っとまっすぐに立つ、こんな感じもいいよね。

葉牡丹の、ピンク~白~緑のグラデーションってすごく優しい色合いだと思うの。店先に葉牡丹が並ぶ季節になると、ホレボレしながら見ています(笑)

グラデーションがきれいな葉牡丹

葉牡丹を使った寄せ植え

玄関に置く寄せ植えも作ってみました。

葉牡丹を使った寄せ植え

 

・・・地味。

 

赤やピンクや黄色のかわいい感じよりも、白やクリーム色、緑色の花が好きなので、どうしてもこんな地味なかんじになっちゃいます。

使ったのはお花はこちら。

  • 水仙(テータテート)
  • 葉牡丹
  • プリムラ
  • ビオラ

葉牡丹でお正月っぽさを演出しつつ、プリムラとビオラで春まで楽しむことができる寄せ植えにしました。水仙は早々に咲き終わってしまうけれど、細長い葉っぱがアクセントになってくれることを期待しています。

クリスマスリースは新たな場所に飾って

クリスマス・イヴの日に作ったクリスマスリース。
玄関ドアにかけていましたが、そこはしめ縄に変わりました。

200円のサツマ杉で手作りする、クリスマスリースとクリスマスツリー
メリークリスマス! 23日天皇誕生日が金曜日だったこともあり、3連休になった方も多いのではない...

 

さすがにまだリースはきれいな状態です。捨てるのはもったいないので新たな場所に移しました。それは、庭にある小屋の中。

 

庭の小屋にクリスマスリースを飾る

庭の小屋にクリスマスリースを飾る

 

雑貨を飾ったジャンクスタイルの小屋なので、リースもとってもよく似合います。
葉っぱが枯れるまではここで庭の風景の一部になってもらいましょう。

暮しのメモ

夫婦二人暮し、お正月は夫の実家に帰省するので、お正月飾りなんて本当はしなくてもいいのかもしれません。

だけどそれではなんだかさみしくて。

日本のお正月を、愉しみたい
暮らしを、愉しみたい。

シンプルなそんな思いに沿うように、無理のない範囲で整えるのがわたしにはちょうどいいみたいです。

 

さて・・・、

掃除しておきたい場所が残っているので、明日もまた大掃除です(笑)
本当は今日までに掃除を終わらせて、そして飾りつけをしたかった・・・!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。