小原紅早生みかん。真っ赤なみかんを知っていますか?

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

寒くなってくると恋しくなってくる「みかん」。
夏には夏のおいしいみかんがありますが、「こたつにみかん」のイメージからでしょうか、温州みかんが食べたくなります。

温州みかんの品種に真っ赤なみかんがあるのはご存知でしょうか。

スポンサーリンク

 香川県オリジナル品種「小原紅早生」

左が一般的なみかん。右が真っ赤なみかん。全然違いますね。
小原紅早生(おばらべにわせ)」というみかんです。

ふつうのみかんと小原紅みかん

昭和48年、坂出市のみかん農家「小原幸晴(おばらゆきはる)」氏のみかん園で栽培されていた「宮川早生(みやがわわせ)」という品種の中で、果皮が濃い紅色をしたみかんが発見されました。
枝(えだ)変わりという突然変異で生まれたみかんは、「小原紅早生」と命名され、香川県農業試験場などで調査を行い、平成5年10月に品種登録された香川県のオリジナル品種です。

参考サイト:さぬき讃フルーツ「さぬき紅」


この「小原紅早生」はふつうの温州みかんと比べると甘くておいしいんですよ。初めて食べたときに虜になって、それ以来毎年必ず買って食べています。

 ドライブがてら、産地へ

今でこそスーパーでも手軽に買えるようになった小原紅早生ですが、以前はあまり売っていなくて産地のほうまで出向いていました。

高松市と坂出市の間に「五色台(ごしきだい)」という溶岩台地が横たわっているのですが、ここでは山の斜面を利用してみかんを栽培しています。地図の赤い丸のあたりが五色台になります。

香川県地図・五色台

車を走らせていると、路肩で売っているおじさんがいるんです。
みかん農家のおじさんです。

小原紅早生みかんの生産者による路肩販売

ほかにお客さんがいたので写真を撮るのを控えたのですが、同じ場所にみかんを積んだ軽トラも止まっています。

車を降りてみかんに近づくと、おじさんが「まあ食べてみてや~」とみかんを渡されるか、軽トラにカゴに入れて置いてあるものから取るように促されます。小原紅早生も、普通のみかんも両方味見ができますよ。しかも1個丸々!(笑)

今年のみかんもおいしいよ~!

小原紅早生を買いに来たはずなのに、適度に酸味のある黄色いみかんもやっぱりおいしくて、結局両方買っちゃいます。毎年そうなるんですよ(笑)

小原紅早生とふつうのみかん

これだけ入って1袋500円なんですよ。見てのとおり、大きさはバラバラです。大きいみかんが多めに入ったものや、小ぶりのみかんばかりを詰めたものもあるので、好みのものを選びます。うちはやや小ぶりのものにします。小さいほうが食後にも食べやすいから。

おやつ時間だと2個3個と手が伸びちゃうことも(笑)

 季節のものを食す幸せ

季節のものをいただくのってやっぱりうれしいし、体も喜んでいるような気がします。
これで風邪をひかなければなおいいんだけどな。

うちが毎年買いに行く路肩販売のおじさんはこのあたりにいます。

五色台の地図・みかん売りの場所

わかるかな?わかりにくいかな?

でも今はスーパーでも産直でも売っているので、冬の時期なら気軽に買うことができますよ。ネットでも取り扱いがありますし、おいしいので一度食べてもらいたいみかんです。

小原紅早生みかん M・2.5kg (gfw-215-30859) 「フジの冬ギフト ~ 中四国味覚探訪・香川 ~ 」

感想(0件)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
コメントの入力は終了しました。