博多のモツ鍋スープと讃岐うどんが出会ったよ

博多のモツ鍋スープと讃岐うどんが出会ったよ

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

夫が休みの土日の夕飯は、「簡単に用意できて、後片付けが楽なもの」にすることが多いです。
この条件を兼ね備えるもの、冬場だとやっぱり鍋料理ですね。
温まるし、お野菜がたっぷりとれるのも魅力的です。

水炊き、寄せ鍋、キノコ鍋、カレー鍋・・・スープは自分で作ったり、市販のものを利用したりして、味を変えて飽きないようにしています。

お取り寄せしたモツ鍋をおいしくいただきましたが、替えスープが残ってしまいました。

スポンサーリンク

 モツ鍋用スープでうどんすきを作る

モツ鍋の替えスープが残ってしまいました。
これを使って鍋にしてしまいましょう。
ごはんもないから「うどんすき」を作ることにしました。

もつ鍋の替えスープ

 香川はうどんが安いんです

うどん玉を買ってきました。
スーパーでもうどんは売っていますが、うどん屋さんでもわけてくれます。

買ってきたうどん玉

 

こんな感じ。「うどん」なので「うどん」を省略して「」で通じるんですよ。「うどん県あるある」でしょうか(笑)

うどん玉を買いに行く

3玉買ってきました。270円です。安いですね。
お店によって値段は違いますが、だいたい1玉80~100円くらいだと思います。

うどんダシも売ってくれます

もちろん天ぷらも売ってくれますよ。

・・・話がそれました。

 もつ鍋スープでつくったうどんすき

やっぱりスープはダシのいい香りがします。このスープだけ売ってくれないかな?と思うくらいです。

鶏肉、厚揚げ、白菜、大根、ニンジン、椎茸、エノキ・・・家にあった具材を入れて煮込みました。入れすぎてうどんを入れるスペースがなくなっちゃいました。

もつ鍋スープでうどんすきをつくる

 

少し食べてからうどんを入れました。
博多のモツ鍋のスープと讃岐うどんが出会った瞬間です(笑)
赤門屋さんのスープは和風のしょうゆベースなので、うどんにも合いました!

もつ鍋スープで作ったうどんすき

うどん単体で食べるときのダシはイリコの風味がしっかりと感じられるものを好むわたしですが、うどんすきのようにお肉や野菜をたっぷり入れてそれらの旨味が追加される場合は、イリコダシじゃなくても大丈夫です。
赤門屋さんのおいしいスープに具材の旨味が加われば最強です。おいしかったー!!

でもこうして食べ比べてみると、モツの旨さを引き出すように考えて作られたスープということがよくわかります。やっぱりモツのほうがよく合っています。

替えスープには「約2倍に薄めてご使用ください」と書いてあるのですが、もっと薄めています。鶏肉は味が淡泊なので、2倍では濃いのです。やっぱり牛もつ用なんですね。

2日にわたって鍋を楽しむことができました。
冬はやっぱり鍋がいいですね!

モツ嫌いの私がおいしく食べることができたモツ鍋【博多/赤門屋】
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。漫画にも描いたように、わたしはモツがあまり好きではありません。モツというよりも、「くにくにした食感」のものが苦手なのです。噛みきれなくて口の中にいつまでも残っているもイヤだ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。