【漫画で読む片付け16】片付けの「捨て」の落とし穴に落ちる

片付けの「捨て」の落とし穴に落ちる1
片付けの「捨て」の落とし穴に落ちる2

この記事は連載になっています。第1話はこちらからどうぞ!
【漫画で読む片付け1】

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

スポンサーリンク

 どうして片付けをしたいのか

【漫画で読む片付け3】のラストに書いた言葉をやっと拾い上げました。

断捨離を始めて間もない頃の、一気にモノを処分して、一気に空間にゆとりが出来たあの快感。

いつのまにかあの時の快感を追い求めていたわたし。

思い出したように捨て作業を始めるけれど、なんとなくすっきりしない。
すっきりしないからおもしろくない。
片付け作業が思うように進まなくなってしまいました。

片付けの本質を、意味を、間違えてしまったわたし。

でもそのことに気が付かず、長い間片付けが迷走しました。

「捨てること」を目的にしてはいけない。

間違いに気が付いたのはいつ頃でしょうか。
ずいぶんと時間がかかったのは確かです。

わたしのように迷われている方がいたら、
もう一度考えてみてほしいと思います。

捨てることにばかり囚われていないか。
「どんな暮らしがしたいのか」ということを。

ひとつ前の記事はこちらへ【漫画で読む片付け15】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
コメントの入力は終了しました。