悩み多き40代ファッションの参考に。「大人世代リアルクローズの新ルール」は役に立つヒントがいっぱい!

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

悩み多き40代ファッションの参考に。「大人世代リアルクローズの新ルール」は役に立つヒントがいっぱい!

STYLE SNAP 大人世代リアルクローズの新ルール

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

ファッションの悩みは尽きないもの。
どの世代にもそれぞれに悩みがありますが、40代に入ってからの「それまで着ていた服が似合わなくなる」恐怖には頭をかかえるばかりです。

「それまで着ていた服が似合わなくなった」のだから、今までとは違った服や着こなし方を考えたほうがいいのだということはわかります。

わかる・・・けれど。

じゃあ、具体的にどうすればいいの!?

そんな時に手に取った本が、「STYLE SNAP 大人世代リアルクローズの新ルール」。

この本では「大人世代」として年齢(年代)は書かれていませんが、40~50代を対象にしている感じです。

「リアルクローズ」と銘打っているだけあって、すぐに取り入れることができそうなアイディアが詰まっていました。ユニクロの服もあちこちに出てくるので、手がとどきやすいファッションなのも魅力的!

本の中身を少し紹介しますね。

スポンサーリンク

大人の鉄板スタイル

本の冒頭で大人の鉄板スタイルとして4つの項目が挙げられています。

  • Yライン(ワイライン)
  • Iライン(アイライン)
  • 1カラー(ワンカラー)
  • Wパンツ(ワイドパンツ)

大人世代に似合うシルエット

この中で注目をしたいのがYラインとIラインという2つのシルエット
女性のファッションシルエットは次の4パターンがあります。

  • Yライン・・・上にボリュームがある
  • Iライン・・・上下とも細身でストンとした感じ
  • Aライン・・・下にボリュームがある
  • Xライン・・・くびれを強調した感じ

アルファベットの形からイメージするとわかりやすいかな。

ファッションシルエット(女性)

大人世代にはYラインとIラインがオススメというのはすごく納得ができるポイントです。すっきりして、かっこよくキマリやすいシルエットだから。
Aライン、Yラインはどちらかというとかわいらしい印象ですよね。

 

だけどここで骨格診断ナチュラルのわたしには問題が発生。

じつはわたし、元々Iラインを好んでいました。
理由は、背が低いのでIラインにしたほうがスラリと見えそうだなと思ったから。

すっきりしたIラインが好みだった

だけどこのIラインが最近は似合わなくなってきたのです。
なんていうのか、貧相に見えるんですよ。

自分の服のチョイスの仕方に問題もあると思いますが、骨格診断を受けたときに先生にこのことをお話ししたら、

「ナチュラルタイプはYラインかAラインです」

と、キッパリ言われました。

 

ナチュラルタイプは骨格がハッキリしているため、それを和らげるようなざっくりとした着こなしを得意とします。

Iラインのようなトップスもボトムスもすとーんとした体に沿うシルエットだと、たぶん、骨格のマイナス面が強調されやすくなるんじゃないかな?と思うのです。

上でも下でもどちらかにボリュームがあれば、自然と視線はそちらにいくのできれいに見えるのでしょう。

自分の骨格タイプを知らなくても、Iラインのファッションをして違和感を感じたら、首に大判ストールを巻くとかしてYラインに寄せてみるのも手だと思います。

1カラー(ワンカラー)は意外とアリ!

1カラー(ワンカラー)は上下同じ色(似たような色)でまとめるスタイル。

最初は「えっ?」って思ったんだけど、試してみるとあら不思議。
意外にもこれはきれいにキマります。

あれこれ悩まなくていいから、手軽なのもいい!
わたしは紺色かベージュでまとめるのが好き♪

1カラー(ワンカラー)はラクにキマる

Wパンツ(ワイドパンツ)

流行りのワイドパンツですが、わたしは持っていないアイテムです。

背が低い(150cm)ので合うサイズを探すのが大変だから。

あと、ワイドパンツってシルエットはスカートに似ていますよね。
スカートが好きなので、それならスカートでいいやって思っちゃうのです。

むやみに服を増やしたくないのもあって、それで手を出していないのだけど。

でも、骨格診断ナチュラルタイプの人には似合うアイテムだなって思います。
機会があればチャレンジしたい!

手軽に試せそうなヒントがいっぱい

本では「こんなアイテムが大人世代には似合いますよ」という提案がいろいろとあります。

例えば、

胸のデコルテを出す

簡単にキレイをつくるには胸のデコルテを大胆に出すということが紹介されています。

わたしはタートルネックの服が大好きで、冬のセーターとカットソーを数点持っていました。1枚で着てもサマになる感じがよかったんですよね。

でもそんなタートルネックを手放すキッカケになったのは、更年期によるのぼせ・ほてりのせい。首元を覆っていると熱がこもって気持ち悪くなるようになったから。

わたしは「見た目」ではなく健康上の問題で首元を開けるようになったのですが、これがなかなか感じがいい!

すっきりしているし、思ったほどいやらしい感じもしないし。

ナチュラルタイプは開けすぎるとゴツさが出そうなので、ほどほどにしておいたほうがいいかな?とは思います。TシャツのUネックよりもシャツのボタンを開けて着るほうが似合いやすいかな。

ユニクロ、イネス・ド・ラ・フレサンジュ2017年春夏コレクションのシャツ

ユニクロ、イネス・ド・ラ・フレサンジュ2017年春夏コレクションのシャツ。程よく開いた胸元に、編み上げ(?)がアクセントになっていい感じに着ています。この春買って良かったアイテムでした。

NGファッション

着てみるとなんとなく、痛々しい感じがする・・・
そんな着こなしになることってありませんか?

本ではそんなNGファッションの改善点の提案もあります。

わたし的に目から鱗だったのはこの白シャツ+デニムの着こなし方。

STYLE SNAP 大人世代リアルクローズの新ルール

年齢的に白シャツ+デニムなんてもう無理だよねと思っていたのですが、シャツのボタンを開けたり、デニムをロールアップするだけでぐっと感じがよくなっている!

着崩すのはナチュラルタイプの得意とするところ。
これは参考にしたいアイディアでした。

大人体型の人へのアドバイスも!

大人世代は体つきもふくよかになりやすい世代ですよね。
この本ではそんな方へのアドバイスも載っています。

STYLE SNAP 大人世代リアルクローズの新ルール

このモデルの方、あちこちに登場しているのですが、なんかカッコイイんですよね。

NGファッションのコーナーは全部この方がモデルをしているので、「大人体型」の方も参考になると思います。

あきらめずにトライしていきたい

悩み多き40代ファッション。
STYLE SNAP 大人世代リアルクローズの新ルールはそんな悩みに答えてくれるヒントが詰まっていました。

もちろんファッションのことなので、中には「これはわたしには無理だ~」と思うものもあります。でもいろいろとトライして自分に合うものをチョイスすればいいんですよね。

この本の初版発行日は2017年3月2日。
なので本で紹介されているファッションも、ビッグシャツやワイドパンツといった今の流行を取り入れたものが多いです。

読むのなら今がオススメ!

1年後、2年後だと流行が変わってくるだろうから、アイディアだけを拾い上げてその時の流行にうまく合わせるといいのかなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク