服の処分は先でも後でもOK。自分に合ったタイミングで手放す

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

服の処分は先でも後でもOK。自分に合ったタイミングで手放す

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

梅雨入りをして、じめじめした日が増えてきました。

書きそびれているうちにすっかり季節が変わってしまいましたが、冬服のお片付けのお話です。

服の処分は毎回悩むけれど、やっぱりこの方法がわたしには一番いいみたい。

スポンサーリンク

手放す冬服

今回処分する冬服(トップス)はこの5点。

処分する服

上段左から

  • オートミールのトレーナー→シミ等、汚れたので
  • 紺色のセーター→洗い縮みのため
  • ベージュのカーディガン→破れたため

下段左から

  • チャコールグレーのパーカー→似合わない&毛玉がひどい
  • チャコールグレーのカーディガン→似合わなくなった

シミがついたトレーナーと、破れてしまったベージュのカーディガンの処分理由は書かなくてもいいですよね。・・・ね?

他3点の処分理由はこんな感じです。

縮んでしまった紺色のセーター

縮んでしまった紺色のセーター。でも着ることができなくなったわけじゃないんです。体もはいるし、袖だって通ります。

たぶん以前なら「ちょっと小さいけどまだ大丈夫だね!」と、とっておいたと思う。

だけどね。なんか体にぴったりとしているところに違和感を感じ、着丈が短いのが似合ってないのですよ・・・!

着丈が短い服が似合わなくなった

たぶんこれは、わたしが骨格診断のナチュラルタイプだから。

ナチュラルタイプはゆるっとした着こなしを得意とし、トップスは長めのほうが似合うタイプです。

だから体にぴったりフィットして、着丈が短くなってしまったこのセーターは着ても恐ろしく似合ってないんですよ。

縮んだ以外はまだそこまで状態は悪くないのだけれど、今後どう考えても出番があるとは思えないので手放します。

似合わなくなったチャコールグレー

40代は服を減らしておいたほうがいいと思うわけ という記事の中で書きましたが、好んで着ていたチャコールグレーが似合わなくなりました。

カーディガンはまだ状態がいいから「部屋着にする?」とも考えたのですが、似合わないものを着ていても落ち着かないし、気持ちよく過ごすことができないので手放すことにしました。

黒い服がに合わなくなった

毛羽立ちがひどいパーカー

パーカーは部屋着として着ていたのですが、表面の毛羽立ちがひどくって。こんな感じになっています。

表面が荒れたパーカー

同時期に買った紺のパーカーはくたびれてはいますが、表面の状態はそこまで悪くはありません。素材の違いのせいでしょう。チャコールグレーのパーカーはRight-Onで、紺色のパーカーはユニクロで買ったものです。

似合わない色、そして毛羽立ち。部屋着としてしっかり着ました。今までありがとう!

同時期に買ったパーカー

不安はモノをためこむ元凶

今回処分したうちの紺色のセーターとチャコールグレーのカーディガンは1年前に手放してもよかったものなんですよね。

とっておいたけど実際に出番は1,2回しかなかったです。
無くてもきっと、困らなかった。

片付け上手な方の中には「シーズンの終わりにもう着ないと思う服を処分して、次のシーズンに新しい服を買う」という方がいますが、これがわたしにはどうしてもできなくて。

できない理由はとっても簡単。
わたしは体が小さくて「自分が好きで似合う」かつ「サイズの合う服」を探すのが大変だから。

「全部手放して、もしも新しい服を買えなかったらどうしよう・・・!?」

そんな不安があり、「もう着ないかもだけど、とりあえず置いておこう」となっちゃうんです。

不安ってモノをためこむ元凶ですよね・・・。

先でも後でも。自分のタイミングできちんと手放す

とはいっても、取っておくばかりだとあっという間にクローゼットはいっぱいになってしまいます。だから一つだけルールを決めています。

「とりあえず取っておいてもいいから、新しく買うことができたら処分する」

うん、もう、とってもシンプル(笑)

「買えなかったらどうしよう」と思ってとっておくのだから、買うことができたらきちんと処分をする。そうすれば必要以上に服が増えなくてすみます。

もう着なさそうな服はさっさと処分したほうが、クローゼットがスッキリするのはわかっているけれど。でもそれで不安を抱えながら過ごすのもキツイから。

服を手放すのは先でも後でも、自分のやりやすいほうでいいよね。

ためこまなければ、それでいいのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク