おでかけ

焼き物の里・砥部で素敵な食器をお迎えする【高知・愛媛旅行8】

日本にはいくつかの陶器の産地がありますね。 四国だと真っ先に思い浮かぶのは砥部焼(とべやき)でしょうか。 松山からそう離れていないところに焼き物の町・砥部町があるので寄ってみました。
おでかけ

栗の産地、城川。栗菓子がいろいろある道の駅きなはい屋しろかわ【高知・愛媛旅行7】

道の駅よって西土佐を後にしてしばらく走ると、高知から愛媛へと入ります。 今回の旅行で楽しみにしていたことの一つは城川へ立ち寄ること。 「城川の栗きんとんがおいしい」と教えてもらってから、食べてみたくて仕方がなかったのです(笑) ...
おでかけ

食が充実していて楽しい!道の駅よって西土佐【高知・愛媛旅行6】

旅行2日目。 朝から土砂降りの雨です。 足摺から松山方面に向けて車を走らせます。 道の駅よって西土佐 同じ四国とはいえど、足摺岬から松山へと向かうあたりの地域はわたしにはとんと縁がないところ。 高松から...
おでかけ

白亜のリゾートホテル、足摺テルメに泊まる【高知・愛媛旅行5】

今回の旅行ははじめ、「室戸に行こうか、足摺にしようか」と迷っていました。 ずっと行きそびれていた足摺海底館、足摺海洋館にも行ってみたかったし、室戸ユネスコ世界ジオパークも惹かれたし。 室戸ユネスコ世界ジオパーク(公式サイ...
おでかけ

マンボウを正面から見たことがある?なければ足摺海洋館へGO!【高知・愛媛旅行4】

足摺海洋館と足摺海底館は”お隣同士”。少し距離はありますが、歩いても行き来ができます。 中に入ると真っ先に目に飛び込んでくるのは、海洋水槽(大水槽)。 高さ9mの水槽には、いろいろな魚たちが回遊しながら泳いでいます。
おでかけ

ガラスの向こうは海の中。魚たちの日常を観察できる足摺海底館【高知・愛媛旅行3】

高知県土佐清水市にある海中天然ミュージアム足摺海底館に行ってきました。足摺海底館は海の中を見ることができる施設。窓の向こうにはふだん目にすることのない、魚たちの日常の世界が広がっていました。
おでかけ

道の駅なぶら土佐佐賀で絶品カツオのたたきを食べる【高知・愛媛旅行2】

道の駅なぶら土佐佐賀に着いたのは12時少し前。 下調べをしていなかったので知らなかったのですが、ここのフードコートはなんと明神丸!明神丸と言えば、高知市内にある飲食店が集まるひろめ市場でいつも行列ができている人気のお店です。
おでかけ

道の駅あぐり窪川に立ち寄ったら必ず買う、新節削り【高知・愛媛旅行1】

今回の旅行の行先は足摺岬(あしずりみさき)方面へ。 四国内とはいえ足摺はとっても遠いです。高松からだと四国のほぼ対角線の位置。1泊2日だとちょっとハードスケジュールになります。 窪川で高速道路の無料区間が終わり一般道に入るとすぐに道の駅あぐり窪川があります。地域の特産品や産直(野菜他)、レストランがあり、お土産を買ったり休憩するのにちょうどいい感じ。
40代からのワードローブ

骨格診断|ナチュラルタイプはワイドパンツがよく似合う!

先日思い立って、ストックしていたリネン生地でワイドパンツを縫いました。ワイドパンツは初めてだったのですが、骨格診断でナチュラルタイプの人はワイドパンツってすごく似合いますね!着てみてびっくりしました。 ナチュラルタイプのワイドパンツコーデを考えてみます。
掃除のこと

マキタのコードレス掃除機を買ってみた!使い勝手は良かったり、悪かったり。

長年使っていた掃除機が壊れました。 以前から気になっていた、マキタのコードレス掃除機をお迎えすることにしました。 理由は、白いボディが素敵だし、スティッククリーナーなので軽くて手軽に掃除ができそう。 なにより、コードレスというのが魅力! 1階は掃除機をかけるときに、コンセントの差し直しをしなければいけないのですが、コードレスだとそのわずらわしさがなくてすみます。
手帳術

【手帳術】トラベルノートをつくって、旅行気分を盛り上げよう!

最近、ノート作りにハマっています。 どうすれば見やすいかな?とか どうすれば簡単にかわいくなるかな?とか そんな工夫を考えるのが楽しくて楽しくて! わたしはおでかけや旅行が好きなので、トラベルノートを作っています...
モノと向き合い考える

失敗したお買い物。時を重ねると好みも変わることを肝に銘じる

わたしは緑色のものに惹かれやすく、つい、緑色のものに手が伸びてしまいます。 買ったときは緑色のファブリックでもいいと思えていたけれど、今は緑色は好きだけどインテリアに使いたい気分ではありません。 買ったときにさっさと作ればなにも問題はなかったのに、作らなかったばっかりに、お荷物になってしまいました。
モノと向き合い考える

大切なのはモノは数じゃない。自分の暮らしに必要なものを選びたい

夏野菜がたくさん採れる季節になりました。 お裾分けをしたりもするけれど、それでもなかなか食べるのが追い付かないくらいの豊作です。 ナスがたくさん採れたので、ナスの辛子漬けを作ることにしました。仕込みをしているときにふと、...
手帳術

【手帳術】マスキングテープやシールをつかってバレットジャーナルを楽しくかわいくカスタマイズ

「バレットジャーナル」で検索をすると、見ているだけでわくわくする、オシャレで凝ったデザインのものがでてきます。描けないことはないけれど、凝ったことを続けるのは無理。 だからといってただ文字を書き連ねていくだけでは味気ない。 手軽にかわいくするために、わたしはマスキングテープ、シール、カラーペンを使っています。
暮らしの道具

暮らしの中にわくわくすることを、つくる、みつける

コーヒーのブリューワースタンドとコーヒーケトルを新しくお迎えしました。休みの日の朝はコーヒーを淹れるのですが、なんだろう、いつもと全然違う。お気に入りの道具を使って、ゆっくりと淹れるコーヒー。たったそれだけのことなのに、気分はわくわく、自然と顔がにやけてきます。道具が変わるだけで、こんなにも気持ちに違いがでることにびっくり。こんなに楽しい気持ちになれるのなら、さっさと買えばよかった!(笑)
おうちごはん

小メロン(摘果メロン)で作る常備菜は、暑い季節にぴったり

先日ふらっと立ち寄った産直で、見慣れないものが売っていました。緑色したまあるいもの・・・表示は小メロン。 どうやら摘果したメロンのよう。小さいメロンって食べることができるんだ・・・! 始めて見る小メロンにわくわく。さっそく買って帰って、常備菜を作ってみました。
台所しごと

我が家の梅シロップレシピ。梅シロップは父の思い出とともに

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。 6月といえば梅の季節。 店頭に梅が並ぶと、なんだかそわそわしてきます。 久しぶりに梅シロップを作ることにしました。
服のこと

服の処分は先でも後でもOK。自分に合ったタイミングで手放す

梅雨入りをして、じめじめした日が増えてきました。 書きそびれているうちにすっかり季節が変わってしまいましたが、冬服のお片付けのお話です。 服の処分は毎回悩むけれど、やっぱりこの方法がわたしには一番いいみたい。
40代からのワードローブ

悩み多き40代ファッションの参考に。「大人世代リアルクローズの新ルール」は役に立つヒントがいっぱい!

ファッションの悩みは尽きないもの。どの世代にもそれぞれに悩みがありますが、40代に入ってからの「それまで着ていた服が似合わなくなる」恐怖には頭をかかえるばかりです。「それまで着ていた服が似合わなくなった」のだから、今までとは違った服や着こなし方を考えたほうがいいのだということはわかります。わかる・・・けれど。じゃあ、具体的にどうすればいいの!?そんな時に手に取った本が「STYLE SNAP 大人世代リアルクローズの新ルール」でした。
おでかけ

ハーバルハウスから学ぶ、暮らしのあり方、モノとの向き合い方

今回の東京旅行で、わたしはどうしても行ってみたいところがありました。ガーデニングを趣味にしているわたしにとって憧れのお庭、埼玉にあるハーバルハウスです。