スポンサーリンク

100均の造花を使ってモダンなしめ縄リースを手作りする

バケツ稲作

昨年に続き今年もバケツ稲作をしました。
今年もこの藁を使ってしめ縄リースを作ります。

去年のしめ縄リースはこちら。

手作りのしめ縄リースはおしゃれ・シンプル・ナチュラルに
今年は知人から稲を分けていただいて、初めてバケツ稲作をしました。秋には黄金色の穂が実りましたが、精米していただくにしても量が少ないし、これどうしよう?となっちゃって。 ふと、そうだ、しめ縄を作ろう!と思い立ち、今年はしめ縄を手作りすることにしました。

スポンサーリンク

今年のリースは造花を使ってモダンな感じに

今年は稲の生長が悪く、草丈があまり伸びませんでした。
藁を編んでみたのですが・・・

藁で作ったリース土台

 

こんなに小さいのです(泣)
直径が12cmないのですよ。

藁で作ったリース土台

 

そして水引を買いに行ったのですが、夫が
「ピンクと紫の組み合わせがきれいでいいな」
というものだから、ピンクと紫の水引を買っちゃったのです。

(水引は地元高松にあるお店、民芸福田で購入しました。)

ピンク色と紫色の水引

 

小さなリース台にかわいい色の水引。
これでどんなしめ縄ができるだろうか?と考えて、今年はモダンなしめ縄を作ってみることにしました。

そろえた材料はこんな感じです。

しめ縄の材料

  • 藁のリース台(手作り)
  • 稲穂の束(手作り)
  • 松ぼっくり(拾ってきたもの)
  • 水引2色(民芸福田で購入)
  • 造花の菊(ダイソー)
  • メタリックちよがみ(ダイソー)

リース台、松ぼっくり、水引は100均で買うことができます。

作業用にワイヤー、グルーガンを用意してくださいね。

しめ縄の作りかた

藁の編み方は去年のしめ縄リースの記事の中で紹介しています。

編んだリース土台を輪っかにしてとめます。

しめ縄リースの土台

 

メタリックちよがみは半分に切って蛇腹折りに。

ちよがみを蛇腹折りにする

 

メタリックちよがみは初めて買ったのですが、裏が赤色のリバーシブルになっていました。ふつうの折り紙よりも厚みがあってしっかりとしています。

お正月用にいろいろと使えそう!

メタリックちよがみ

 

蛇腹に折ったちよがみ2つ分をワイヤーでまとめておきます。
扇っぽいものができました。

メタリックちよがみでつくった扇

 

造花は適当なところで切っておきます。
ハサミでは切れなかったのでニッパーで切りました。

葉っぱは全部で4つついていましたが、使ったのは2つです。

茎をカットした造花

 

造花や松ぼっくりはグルーガンで貼り付けてもいいのですが、今回はワイヤーで仕上げることにしました。

これはわたしがグルーガンよりもワイヤーのほうが扱い慣れているから。やりやすい方法で作ってくださいね。

造花と松ぼっくりにワイヤーをからませます。
26番のワイヤーを使いました

造花と松ぼっくりにワイヤーをかける

 

造花と松ぼっくりを束ねてフローラテープで巻き上げます。
フローラテープの扱いは慣れないとちょっと難しいです。

造花と松ぼっくりを1つに束ねる

 

こんな感じにまとめました。
写真では扇が入っていませんが、この後扇にもワイヤーを足して一緒にまとめています。

造花と松ぼっくりを束ねる

 

しめ縄リースは2つを8の字っぽくなるようにして使うことにしました。
稲穂と一緒にワイヤーでまとめます。

しめ縄リース

 

しめ縄が小さいので、水引で大きさをだすことにしました。
水引もワイヤーでくくりつけています。

しめ縄リース

 

最後に飾りをとめつけて、藁の余分なところをカットして出来上がり。

しめ縄リース

 

吊り下げてみました。いい感じですね!

しめ縄リース

造花を使ったので洋風な雰囲気の、モダンなしめ縄リースになったかなと思います。たまにはこんなのも気分が変わっていいですね。

28日に玄関に飾ります。

お正月関連記事一覧

お正月
スポンサーリンク
さえをフォローする
スポンサーリンク
モノと向き合う 暮しを考える

コメント