【収納公開】ワゴンには使用頻度の低いものを入れています

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

【収納公開】ワゴンには使用頻度の低いものを入れています

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

キッチン下の収納の紹介、最後の場所になりました。
場所はここ。
ここは引出しでも扉でもなく、ワゴンになっています。

キッチン収納・ワゴン

ワゴンへの憧れがあったので取り入れたのですが、写真を見たらわかるように、出し入れをするたびに床に跡が付きます。

今は後悔しています。引出しにすればよかったな。

スポンサーリンク

ワゴンへの憧れ

もうずいぶんと前のことなのですが、地元に住むアメリカ人ご夫婦の家を訪れる機会がありました。

その家の外観はひと昔前の建売住宅にありそうな、なんの変哲もないありふれた日本の住宅です。だけど家の中はアメリカン仕様にリフォームされていました。

廊下をつぶして部屋を広げていて。
照明は天井ではなく、すべて間接照明になっていて。

ダイニングキッチンもとても広くて、オシャレなキッチンの一つがワゴンになっていました。

そこを引き出すと上部には小麦粉や調味料が整然と並んでいて、お菓子作りが得意な奥様は、魔法のようにぱぱぱっとケーキやクッキーを焼いてくれました。

ワゴンになっているので、作業中はずっと出しておくことができて便利そうでした

当時まだ海外旅行もしたことがなかったわたしは、初めて身近に触れる異文化がキラキラとまぶしく映りました。
そして「調味料を入れることができるワゴン」が強烈に印象に残ったのです。

時は流れ、家を建てる時に憧れのワゴンを取り入れたのですが、実際に使ってみると床に傷がつくことが辛くなりました。

なので今は軽くて使用頻度の少ないものをしまっています。

ワゴンの1段目

ワゴン上部には土鍋を包むときに使うバスタオルと、今は使っていないスナップウェアを入れています。

ワゴン収納

このスナップウェアは麦茶用。50パック入るので助かります。

ワゴンの2段目、3段目

ワゴンの2段目はラップやアルミホイル置き場。

3段目はプラスチックタッパーや麦茶ボトルを置いています。

ワゴン収納

見えない場所なので、ラップやホイルは箱のままです。

予備もここに置くようにしていますが、使っているラップの残りが少なくなってきたら「そろそろ買わなくっちゃ」という感じで、あまりストックはしていないです。

プラスチックタッパーは義実家に帰省した時に義母が煮物を作って渡してくれるのです。次の帰省までここに置いています。

暮しのメモ

できればラップ類は他の場所に移したいと考えているのですが、今は場所の確保ができなくて保留中です。

持ち物や収納の見直しをしながら、さらに使いやすいキッチンへと整えていきたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。