40代は服を減らしておいたほうがいいと思うわけ

40代は服を減らしておいたほうがいいと思うわけ

40代はファッションの変化が訪れる

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

・・・ええ。
・・・いや。もう。

自分でもびっくりするくらい、着る服に困っております・・・!

スポンサーリンク

40代の罠。今までと同じ服が似合わなくなる

一口に40代と言ってもなりたての頃はそうでもないのですが、年齢を重ねるにつれて似合わない、着ることができない服がでてきました。

人によっていろんなパターンがあると思いますが、わたしの場合はこんなかんじです。

今まで似合っていた色が似合わなくなる

ファッションの定番、黒。
適度に使うとピリっと引きしまったファッションになるのが好きで、トップスでもボトムスでも長年愛用していました。Tシャツやセーターは傷んだら買い替えて常備していたくらい。

それがいつの頃からか、なんだか似合ってないなと感じるようになってきました。
黒の色に自分が負けているみたいなんですよね。とくに顔に近いトップスがダメ。

「黒はキツすぎるから、チャコールグレーにしよう」

黒い服を買うのをやめてしばらくはチャコールグレーを着ていましたが、最近はチャコールグレーもダメになってきました。なんだか地味になってしまう。

思うにこれは、わたしの肌が黄色系でパーソナルカラーが明るい色を得意とするスプリングタイプのため、黒やチャコールグレーは元々そんなに似合う色ではなかったのです。

だけど若さってすごいよね。
肌はふっくらぷるぷる、髪はつやつやだから、かつては黒もそれなりに着こなすことができていたわけですよ。

それが肌のハリが無くなり色がくすみ、ツヤもコシも無くなった髪はぶっちゃけ白髪染めで茶色くしているので(黒にしたら恐ろしく似合わなかったため)、そんな衰えた姿では黒が重く感じるようになった・・・と。

いつまでも若いときと同じようにはいかないものですね。

黒い服がに合わなくなった

似合う色、似合わない色というのは人それぞれ違っています。わたしにように黒が似合わなくなる人もいれば、ベージュやグレーのような色が老けて見えるようになる人も。

黒、グレー、ベージュあたりは定番色だけに深く考えずに手を伸ばしてしまいがちですが、本当に似合っているか時々確認をしたほうがよさそうです。

 

さて、そんな最近のわたしは明るめのベージュや紺色がよく似合っています。
そしてライトグレーが似合わなくなりつつあります・・・。

去年まで着ていた服が似合わなくなる

1年前は似合って着こなしていた服が、今年はなんだか似合わない・・・。

たった1年で!?とビックリしてしまいますが、これ、けっこうあるあるです。

色なのか、デザインなのか、質感なのか、もしくは体系の変化なのか、肌のたるみなのか、はたまたそれらの複合技なのか、とにかく着てもしっくりしない。

なんだか若作りっぽく見えたり、逆に老けて見えたり、なーんかイマイチだよねーと思ったり。

おかしいな、1年前はあんなに似合って着こなしていたのに・・・と思うのですが、現実は非情です。不思議なくらい違和感を感じます。無理をして着ると落ち着かないです。

似合わなくなったスカート

 

すっごくお気に入りだった冬用の巻きスカート。この冬一度は着ましたが、そのあとどうやっても手が伸びませんでした。

そろそろお別れ時ですね・・・(泣)

容赦のない体系変化

自慢しちゃいますが、わたしは体重変化が比較的少ないほうです。
変化があるとすれば増えるよりも減ることのほうが多いかな。胃弱で食べれなくなることがあるから。

それでもね。
肉の付き方は年相応に変わってくるのですよ!

体重はあまり変わらないのに、あきらかに下半身が太ってきているという・・・。

服が勝手にサイズアウトしていくのですよ。(違)
油断ならないです。あーこわい。

加えて基礎代謝が落ちて痩せにくくなってくるから、目も当てられないです。

体重は変わらなくても体型は変化する

 

冬の間しまいこんでいたお気に入りのスキニージーンズ、もうダメかもしれないなーとドキドキしています。←現実を知るのが怖くてまだ確かめていない

それまで着ていた服が似合わなくなる40代

若いときは若さのパワーで流行を追いかけたり、違うファッションを取り入れてみたりと冒険をしますが、やがてその中から自分らしさを見つけて落ち着いてきますよね。

コンサバだったり、ナチュラルだったり、シンプルだったり、ガーリーだったり。

だいたいここからここまでの範囲で服を選んでおけば、自分に似合っているし、失敗もしなくて(少なくて)すむという安心感。

これがずっと続くのだと思っていたら、ある日突然、それらの服が似合わなくなるこの恐怖・・・!びっくりですよ。こんなことになるなんて、わたし自身思っていなかったもの。

 

で、ふと、思ったのですよ。
これ、服をたくさん抱え込んでいる人は大変なんじゃあないかなって。

 

持っている服が似合わなくなる

買い足すときについたくさん買ってしまう

でも1年くらいでまた似合わなくなる

あまり着ていないから捨てることができない

でも着たい服がないからまた買い足す

 

いやいや、これを続けるとワードローブが大変なことになるよ・・・!

キーワードは「今」「着たい」「似合う」服

対策としては、40代になったら服は少なく持つようにしておいたほうがいいと思うのです。

「今」「似合う」「着たい」服を適量持ち、せっせと着ておく。

そうしたら仮に1年くらいで似合わなくなったとしても、それなりに着ているから捨てやすいです。

たくさん服を持っていたらどうしても1着あたりの着る回数は減ってしまうし、そんな服が似合わなくなっても「まだきれいだし・・・」「あまり着てないから」と考えてしまってなかなか捨てることができないから。

 

「いやいや、無理に捨てなくてもまた着ることができるときがくるよ!」

本当にそう思います?
着ると老けて見える色の服を、今よりも確実に齢を重ねているのに着たくなると思いますか・・・?

暮しのメモ

40代になって数年が経ち、以前と同じような服ではしっくりとこなくなりました。
誰もが、ではないかもしれませんが、多くの方が通る道ではないかと思います。

その時に慌てなくて済むように、服は適量だけを持ち、「今、似合う服」へと更新できるような習慣を20代、30代のうちからつくっておくと、似合わなくなる40代を乗り越えやすくなるのではないかと思うのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。