【手帳術】バレットジャーナルでスケジュール以外のことを書いてみる

【手帳術】バレットジャーナルでスケジュール以外のことを書いてみる

「バレットジャーナル」庭仕事とtodoリスト

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

今年からバレットジャーナルで日々のスケジュールを管理を始めて2ケ月余り。今のところ試行錯誤しながらもなんとか続いています。

主にスケジュール管理や、やらなければいけないことを書いているのですが、他にもこんな記録をとっています。

 

バレットジャーナルについてや書き方は、こちらの記事をどうぞ!

【手帳術】バレットジャーナルで日々のやることを管理する
最近どうにも思考の整理が追い付かなくなってきました。考えたくないけど、年を重ねたからかな・・・(ため息)こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。勉強はしてもちっとも覚えないのに、日常のこと、スケジュールとかはわりとよく覚えていました

スポンサーリンク

ミールログ(MEAL LOG)

バレットジャーナルで管理できるものの一つに「ミールログ(MEAL LOG)」があったので、試しに作ってみました。

食べたものを書いていくだけなのですが、案外これが面倒くさい。

健康管理にはいいなあと思うのですが、これを続けることは無理!と判断して、1ヵ月だけでやめました。

ダイエットをしている方はレコーディングダイエットとして使えそうです。

「バレットジャーナル」ミールログMEAL LOG

バイオリズム(BIORHYTHM)

ミールログは続けることができませんでしたが、代わりに体重と排便、体の症状の記録をとるようにしてみました。これがすごくよかったんです!

女性の方は生理の影響もあって、体調に波がありますよね。
毎月のことなので「こんな症状が出てきたから、そろそろ生理が来る」なんて感じでなんとなくでもわかっていると思います。

でもこれが書くことによって、すごくわかりやすくなったんですよ。
お腹が痛くなりやすいのはこの頃とか、この時期は比較的体調が安定しているといったことがハッキリしました。

それと自分では気が付いていなかったのですが、生理前になると体重が増えていたんですよね。どうやらむくんでいるっぽいです。

「夕方になると靴がきつくなる」といった、「むくみあるある」を実感したことが無かったため、自分はあまりむくまないほうだと思っていたのでこれにはビックリ。

自分の体だけど気が付いていないことがあるのだなと、思い知らされました。
女性の方にオススメしたい記録です。

「バレットジャーナル」バイオリズムの記録

散歩(walking)

お家大好きで引きこもってしまうわたしは、常に運動不足です。
せめてウォーキングでもと思い、少しでもやる気になるようにとウォーキングを記録するページを用意しました。

「バレットジャーナル」散歩の記録

ウォーキングをした日、買い物や観光などで歩き回った日、畑や庭仕事をした日で塗る色を分けていますが、ごらんのとおり、やっぱりあんまり歩いていません(汗)

つい、面倒くさがってしまうんですよね・・・。
なにかいい解決案を考えなければいけない案件です。

趣味の記録

わたしの趣味はガーデニング!
庭づくりを楽しんでいます。

庭作業を記録するページを用意しています。
剪定をしたり、肥料を入れたり。そおんな作業内容のメモです。

役に立つのは1年後ですね。
「ああ、この時期にはこれをしなくっちゃ!」という備忘録になりそう。

「バレットジャーナル」ガーデニング作業記録

旅行の計画

11年ぶり(!)に東京に行くことになったので、旅行の予定を組むページも作ってみました。

でもバレットジャーナルを持ち歩くのは嫌なので(プライベートネタが多すぎるので、万が一ノートを落としたりすると目も当てられない)、「旅行ノート」を用意したほうがいいのでは?と思い直し、この2ページだけで終了。

「バレットジャーナル」旅行の下調べ

「旅行計画ページ」は作っているとすごく楽しかったです。
どの日にどの予定を入れようかな、ここに行くなら近くでおいしそうなランチの場所を探しておこう、といった感じでやりたいこと、行きたいところを考えるだけでもうわくわく!

後から見返しても楽しめそうです。

自分にあわせて自由にカスタマイズできるのがバレットジャーナルのいいところ

バレットジャーナルは普通のノートを使うこともあり、自分にあわせてカスタマイズできるのがいいんですよね。
飽きっぽい、気が変わりやすいわたしとはとても相性がよかったです。

スケジュールのほかに思いついたこと、管理したいこと、記録しておきたいこと、なんでも書いちゃう!

頭の中だけで考えていたことも、書き出すことによって整理ができるので助かっています。

自分だけのノートが出来上がっていくおもしろさ。
バレットジャーナルにはそんな楽しさがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で