病気で食べることができない。その結果、食べる量が自然と減りました

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

病気で食べることができない。その結果、食べる量が自然と減りました

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

こちらの記事からの続きです。↓

【ダイエット】ダイエットは体と対話するところから始める
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。 夫のダイエット、これまでの流れです。...

スポンサーリンク

 食べなかったら胃が小さくなった?

食事の量が減る

インフルエンザに罹っとき、夫は高熱であまり食事をとることができませんでした。

病み上がりの体は「体に合う食べ物はなにか」を考えるキッカケになっただけではなく、「食事の量」にも変化をもたらしました。

病み上がりの体は正直です。体が求める食事とは?
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。 夫がインフルエンザにかかりました。 ...

最初は数日まともに食事がとれていなかったので、そのせいで食事量が減っているのだと思っていました。しかしいつまで経っても元の食事量にまで戻らないのです。

それが今でも続いています。

インフルエンザに罹った人に聞いても、病後は元の食事量に戻った人ばかり。
なぜ夫の食が細ったのかは謎です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。