病み上がりの体は正直です。体が求める食事とは?

病み上がりの体は正直です。体が求める食事とは?

病み上がりの身体は正直だよ

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

夫がインフルエンザで寝込んでいた間は、煮込みうどんやお粥といった消化の良い軽い食事を作っていました。それでも38度台の熱が続いていた夫はあまり食べることが出来なくて、すっかりやつれてしまいました。

それにしても体というのは正直ですね。体が本調子じゃないときはポテトチップスのようなジャンクなものは受け付けないのです。

スポンサーリンク

体からの声

わたしは胃弱なので、食べる時間や食べる内容にある程度注意を払っています。

お腹がすいていないのに無理に食べると胃がもたれて気持ち悪くなるし、体調が今一つのときは脂っこいものや味の濃いものは避けたくなります。食べ過ぎるとすごく気分が悪くなったりします。

体が発する情報に耳を傾けておかないと、自分が気持ち悪くなってしんどい思いをすることになるんですよね。

しかし体が丈夫で食べることが大好きな夫は、そういったことを考えずに食べたいものを食べたいだけ食べてしまうところがあります。

今回は病み上がりということもあり「体が受け付けない」ということをモロに実感したみたいでした。

体は正直です。きちんと必要なサインを出しています。
ただそれに気が付いていない人は案外多いんじゃないかと思います。

今回の夫がやったようなことってやっていませんか?
お腹がすいていないのに目の前のお菓子に手を伸ばしていませんか?

正しい食欲、間違った食欲

まだ全部読めていないのですが、こちらの本。間違った食欲を手放して正しい食欲を取り戻しましょう、といった感じのことが書かれています。

読みながらこれは絶対に私より夫が読むべき本だと思いました。病み上がりにポテチに手を伸ばすなんて、どう考えても「間違った食欲」ですよ・・・。

「正しい食欲」を取り戻す。わかるようなわからないような感じですが、大切なことだと思います。必要以上に食べ過ぎるのも、体に負担がかかる食べ方も、いいことではないのですから。

いい機会なので夫には食事のあり方を見直して、 「正しい食欲」を取り戻してもらいたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント

  1. かおる より:

    今回の風邪(インフル?)以来、夕食はうどん。
    野菜と肉を柔らかく煮て、うどん半玉(1玉は食べられないので)も加えてさらにぐつぐつ煮ます。それをよく噛んで食べます。
    以前、常に胃がよくなかったとき、しょっちゅうこういう食事でした。

    • Sae より:

      >かおるさん
      私も胃は弱いですが、かおるさんは私の上をいきますね・・・。
      でも私も胃が絶不調のときはうどん1玉を食べあぐねていました。
      ここ数年はそこまでになることはないのですが、
      胃の調子が悪いときは食事量を減らして胃を休ませてあげるようにしています。

      夫はもう普通の食事に戻っていますが、
      私が作るおかずは私仕様のヘルシーなものが中心なので負担が少ないみたいです(^^)

コメントの入力は終了しました。