スポンサーリンク

洗濯物の予備洗いをしやすくするための小さな工夫

洗濯前の一工夫。固形石けんを使って襟元の汚れを洗うようになりました。

「汚れの首輪」を作らないために、わたしがしていること
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。 わたしは以前は洗濯にあまり関心がありませんでした。 基本的に洗濯機任せ。これといった工夫もせず、洗うものを洗濯機に入れてボタンを押すだけです。 そんなことを続けていたら、気にな...

暮らし方が変わると、モノの見直しが必要になります。

スポンサーリンク

 自分が使いやすいように整える

ハンドソープを石けんに変えて洗濯にも役立てる

わたしのズボラさといいますか、面倒くさがりな面がモロにでていますね(苦笑)

漫画に描いた通り、最初はシャツをお風呂場に持ち込んで洗っていました。「石けんを置いてある場所で洗おう」と考えたのですね。

襟元あたりしか濡らしていないとはいえ、洗濯機に持っていくまでに気を付けないと水がポタポタと落ちてしまいます。なにより、しゃがんで洗うことも体に負担がかかってしんどいのです。

これらを解決する一番の方法は?

答えは簡単、洗面所のほうに固形石けんを置くようにすればいいのです。

ハンドソープを使い終えるのを待って、石けんに切り替えました。

新しくお迎えしたソ-プディッシュ

石けんを置くために、新しくソープディッシュをお迎えしました。
MARKS&WEBのセラミックソープディッシュです。

MARKS&WEBのセラミックソープディッシュ

色が白であること、シンプルなもの、という条件で探したのですが、陶器とステンレスの組み合わせのカッコ良さに一目ぼれをしてこれに決めました。

洗面所の変化は微々たるものですが、こんな感じになりました。

こちらがBefore。ハンドソープを置いています。

ハンドソープを置いている洗面所

 

そしてこちらがAfter。ソープディッシュです。

ソープディッシュを置いている洗面所

ソープディッシュのほうが高さがないぶん、スッキリした印象になりますね。

1年前に試行錯誤しながらリメイクしたハンドソープとはお別れです。

ハンドソープのボトルをリメイクして、部屋になじませる
洗面所に置いてあるハンドソープ。 土いじりをするので薬用のものを使っているのですが、キャラクターが描かれたラベルが気になります。 小さなことだけど、柄があると見た目がザワつきます。 隠してしまうことにしました。

変えて良かったこと

今は洗面所でシャツの予備洗いをやっています。

立ったままできるのがいいですね。しゃがむのは足腰に負担がかかっていましたから。
そして洗い終わったら、すぐ横にある洗濯機へポイ!この手軽さもうれしいです。

不満は今のところないですね。
ソープディッシュは水切れも良く、なかなかいい使い心地です。

「面倒くさいなあ」と思うことを続けるのは難しいから。
自分が使いやすいように整えることがやっぱり大事だなと思います。

洗濯
スポンサーリンク
さえをフォローする
スポンサーリンク
シンプル x ナチュラル x 好きなこと

コメント