冷凍庫に入れた食品を忘れずに使うための小さな工夫

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

冷凍庫に入れた食品を忘れずに使うための小さな工夫

凍庫のメモ

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

1コマ目がウソっぱちです。箱に入って届くのは留守にしているときだけ。通常は袋に入っています。

絵的に箱のほうが良かったから、箱で描いちゃいました。

スポンサーリンク

冷凍庫の中に入っているものを把握する

生協は個人宅配で送料がかかるため、2週に1度くらいの利用にしています。冷凍食品のまとめ買い!(欲しいものがあると続けて注文することもあります)

おかげで冷凍庫の中にはたくさんの食材が入っていて、それらをきちんと覚えておければいいのですが、現実には

「なにがあったっけ?」
「賞味期限の早いものはどれだっけ?」

となってしまうのです。

冬場ならまだしも、夏に冷凍庫を開けっぱなしにして「なにがあったっけ・・・」と探すのはなんだか嫌。溶けてしまいそう。

どうしたら冷凍庫に入れたものを把握できるだろう?と考えて、付箋にメモをすることにしました。

食品メモ

お肉は緑色の付箋。
お魚は青色の付箋。

付箋の左側の数字は生協から届いた日。
付箋の右側は賞味期限。

賞味期限の早いものから順に並べて貼っています。

これをつくったおかげで、冷凍庫を開けなくてもこの一覧表を見ながら「今夜のおかずはなににしよう?」と考えることができるようになりました。

メニューを決めたら冷凍庫からさっと取り出せばいいので、溶ける心配もなし!

少しの工夫でストレスなく食品管理。
オススメです♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。