たくさんあった服。納得して捨てるためにとことん着倒しました

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

たくさんあった服。納得して捨てるためにとことん着倒しました

部屋の片付けをしながら自分らしい暮しを見つめなおしています。
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

今、こちらでは桜がきれいに咲いています。
でも4月上旬にしては気温が高い(昼間は20度くらいあります)ので、あっという間に散ってしまいそう。

季節の変わり目は、服の整理をするのにちょうどいいタイミングです。

桜

スポンサーリンク

 自分が納得するために。しっかりと着倒す

納得して手放す

漫画の一コマ目は2014年12月の記事(漫画)からいただきました。

服は少ないほうが、好みが変わったときに対処しやすいのです

片付けの中でも捨てられないもののトップ3に入る「洋服」。
わたしも自分の気持ちと闘いながら、少しずつ減らしてきました。

「お出かけ向き」の服で着なくなったものは、「捨てる」にしろ「リサイクルに出す」にしろ手放すことができたのですが、わたしの前に立ちはだかったのは大量の「Tシャツ類」でした。

お出かけ用には使わなくても、Tシャツなら部屋着として活用できます。
でも持っている枚数はとても多いのです。

捨てて減らす?でもあったら着るし・・・。

悩みました。「使えるもの」かつ「使うもの」を捨てることに、どうしても抵抗がありました。

葛藤の末わたしが選んだのは、「着倒して捨てる」でした。

で。

着ましたよ!
季節のいい頃には1枚で、冬は重ね着として、とにかくとことん着ました。

着て、着て、着て。
毎日のように着て。

前の記事を書いてから1年以上経ちましたが、やっと、納得ができるようになりました。

これだけ着たら、もう十分!!

写真の左側、6枚が今回手放すTシャツ(長袖)第一弾になります。

手放す服

長袖はあともう2,3枚ほど手放せるものがあるのですが、今まだ着ているので、次回手放そうと思います。

たくさん持つのはやはり不自由

Tシャツ類はまだまだあります。
わたしは「着倒して捨てる」という方法を選びましたが、枚数が多いためなかなか服がくたびれてくれません。減らすのに1年以上かかっています。

着倒せないほどたくさんの服を持つ必要ってあるの?

うん、そんなに必要ないな。
今、しみじみと感じています。

多すぎるTシャツを減らすのに、もうひと踏ん張りがんばらなくっちゃ!

自分にとっての必要枚数を考える

見るとついつい欲しくなってしまうお洋服。
むやみに増やさないための対策は、自分にとっての必要枚数を考えてみることだと思います。

きちんと着まわせて、困らないだけの枚数。
「着ない服」をつくらないためにも、しっかりと考えたいものです。

自分にとって必要な服の枚数を考えてみる。そこから見えてくるもの

 

トラコミュ 断捨離でゆとり生活
トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
トラコミュ おうちを片づけたい
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ 整理整頓・お片づけ♪
トラコミュ 片付けて プチストレスをなくしていく

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。