40代、ファッション迷子になっちゃった!骨格診断を受けてみる

ファッション迷子になる40代

スポンサーリンク

40代、似合う服がわからなくなる

自分に似合う服がよくわからない・・・
40代になってそんな悩みを抱えるようになりました。

調べてみると40代ってファッション迷子になる世代なんですね。

体形が変わってきたり
肌のハリやツヤが無くなってきたり
白髪が目立つようになってきたり

どうしても30代までとは違った見た目の変化を自分でも感じます。

わたしももれなく迷子になりました。

いままで着ていた服がなんだかしっくりとこない、だからといって違うタイプの服をチャレンジしようにもなにを着ればいいのかもわからなくて。

このモヤモヤから抜け出すキッカケになるかも!?と思い、骨格診断を受けてみることにしました。

骨格診断ってどんなもの?

骨格診断は身体の質感やラインの特徴をタイプ別に分けて、自分自身の体型をきれいに見せてくれるファッションを知ることができます。

骨格タイプはストレートウェーブナチュラルの3種類。

骨格診断は骨格をから判断するので、太っている・痩せているというのも、年齢も関係ないのだそう。

自分の骨格タイプを知っておけば、一生ファッションの参考にすることができるのです。なんて魅力的!

骨格診断を受けてみた結果

骨格診断を受けてみました

骨格診断は「スマイルヒント」の美吉野みみさんにお願いしました。

きっかけはずっとみみさんのブログを読んでいたこと。ブログを拝見していると、みみさんは診断後、丁寧にファッションアドバイスをしてくださるようなのです。

それならファッション音痴でセンスのないわたしでも、しっかりと理解できるのではないかしら?と思ったのです。

注:現在、美吉野みみさんは骨格診断サービスは停止しています。

診断の結果はナチュラルタイプでした。

骨格診断を受けて良かったこと

骨格診ってネットや書籍で自己診断ができるんですよね。
チェック項目に答えて判断します。

自己診断だとウェーブタイプという結果。

でもプロの見立てではナチュラルタイプ。
自分の判断とはやっぱり違うのですね。

思い返してみると、わたしはウェーブタイプのファッションを好む傾向があります。でもウェーブタイプの服を着るとどうにも落ち着かなくなるのです。

若い時は「若さ」で違うタイプの服でも着こなせるそうですが、年を重ねると似合わなくなってくるのだそう。

ああ、これが服が似合わないと感じてモヤモヤしていた原因だったんだ・・・!と、腑に落ちました。

いつまでも若い時と同じにしていてはダメですね。
このことがわかっただけでも大収穫です。

骨格診断を受けてたくさんのヒントをもらいました。
次はこれをどのように自分のファッションに反映させていくかです。