スポンサーリンク

「いつか使うかも」そのいつかは本当にやってくるの?

お買い物って楽しいですよね。

これ好き!
これいいな!

って思ったものは、手に入れたくなっちゃいます。

欲しいと思ったら買ってしまう

それが使うもの、必要なものならいいのですが、

「あったら便利だし、そのうち使うかも」と、深く考えずに買ってしまうこともよくあります。

そんなわたしの失敗した買い物のお話です。

スポンサーリンク

ハンドメイドの座布団カバー

座布団に自作のカバーをかけて使っています。

今まで使っていたカバーがヨレヨレになってきたのと、作り方に問題があったので、作り直したいなと思っていました。

カバーの作り方が悪くて、座布団カバーから座布団本体の糸の房が出ちゃっています。(写真の左下)

座布団カバー

 

ストック生地で新しくカバーを作りました。
クリーム色の厚手の生地です。

新しい座布団カバー

シンプルですがいい感じになりました。
自己満足です(笑)

ただね、この生地・・・
シミがあるのです。

座布団カバーのシミ

この生地はかなり昔に買ったものです。

東京に遊びに行ったときに品ぞろえが豊富な手芸店に行って、
「せっかく来たのだからなんか買って帰ろう!」と思って。

「なにを作るか」ということも決めずに、使いやすそうな生地を選びました。

でもつくるものを決めていなかったので「そのうちに」と思っている間に時間が過ぎていき・・・。

気が付いたら生地にシミができていたのです。

いつか使うかも・・・その時がきたら本当に使えるの?

「いつか使うかも」

そう思ってついついモノを取っておくけれど、「使うとき」にそれは使える状態にあるのでしょうか?

きれいにしまっていても、モノは時間とともに古びてきます。
今回のような布や紙だと、シミや変色がでる可能性はとっても高いです。

もちろん使えるものもあるけれど、古ぼけたものを使うのは気分が上がらなかったりしませんか?

「あったら便利かも」
「あったら使うかも」
「旅行の記念に」
「もうここには来ることができないかもしれないし」
「安いから」

そんな言葉で正当化して、たくさんのモノを買って所有して。
でも使う目的もないまま手に入れたモノの大半は、押し入れの肥やしにしていました。

買い物におけるわたしの悪いクセです。

モノは必要な時に買って、そのときに使うのが気持ちがいいのです。

「いつか」じゃなくて「今」。

買い物をするときにそれを心がけるだけでも、不要なモノをため込まずにすみます。

自分への戒め

シミのついた生地は本当なら捨てるべきなのでしょう。

だけどどうしても捨てきれず、座布団カバーにしました。

それは自分への免罪符。
カタチにして使うことで「無駄な買い物をした」ことをなかったことにしようとしているだけ。

だけどこのシミが「自分のやったことをちゃんと考えなさいね」と語りかけてきます。

シミをみるたびに同じ失敗を繰り返さないようにしなくっちゃと、強く思うのです。

モノと向き合い考える
スポンサーリンク
さえをフォローする
スポンサーリンク
シンプル x ナチュラル x 好きなこと