【収納公開】カウンター下の収納。床置きはキャスターをつけて掃除をしやすくする

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

【収納公開】カウンター下の収納。床置きはキャスターをつけて掃除をしやすくする

部屋の片付けをしながら自分らしい暮しを見つめなおしています。
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

お正月を挟んで間が開いてしまいましたが、キッチン収納の続きを書きますね。

これまでのキッチン収納の記事です。

【収納公開】食器棚の収納。食器はさっと取りたい
部屋の片付けをしながら自分らしい暮しを見つめなおしています。こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。少しずつ進めている年末大掃除。今年も冷蔵庫を動かして、床や壁のホコリをきれいに掃除しました。去年の記事ですが、こんな感じです。冷蔵庫
【収納公開】モノが入れ替わる食品庫はざっくり収納にする
部屋の片付けをしながら自分らしい暮しを見つめなおしています。こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。先日、食器棚の様子を紹介したので、今日は食品庫をみていきますね。

スポンサーリンク

 カウンター下の収納

前回は収納ケースを使ったキッチンカウンター内の収納を紹介しましたが、今回はその下の部分です。

キッチンカウンター下の収納

今はこのように4つのものを置いています。
左から見ていきますね。

 紙ごみ

紙袋に紙ごみを入れています。
ぽいぽいと放り込めて、資源ごみとしてこのまま出せるので楽ちんです。
試行錯誤の末にたどり着いた、面倒くさがりのわたしにぴったりのやりかたです。

紙ごみ

 ごみ箱

生ごみ用のごみ箱です。
床拭き用の雑巾がここで待機しています。

ごみばこ

米びつ

野田琺瑯のラウンドストッカー(21cm)を米びつとして使っています。5kgのお米が入ります。

米びつ

 

旧タイプのスナップウェアには「大師もち麦」を入れています。少量をごはんに混ぜて炊いています。
*蓋に「押麦」と書いていますが、これは以前は押麦を入れていたためです。

弘法大師のふるさと善通寺で育った「ダイシモチ」がおいしくて体にもいいのです
日々を元気に過ごすことを考えたい、そんなお年頃になりました。こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。我が家ではご飯を炊くときに麦を混ぜています。おいしいもち麦があるので紹介します。

 米と調味料の予備

予備のお米と調味料を置く場所にしています。

米と調味料置き場

写真を撮ったときはお米のストックがなかったので空いています。
夫の実家に帰省をすると5kgのお米を3袋くらい持たされるので、その時にはここがいっぱいになっています。

暮しのメモ

床に直接置くと取り出すときに手間だし、掃除も面倒になるので、キャスターを取り付けています。(紙ごみは軽いのでそのまま置いています)

ごみ箱のキャスター

ごみ箱は底面の大きさに合わせた板を用意して、板にキャスターをつけています。ごみ箱を乗せると板が見えなくなっていい感じです。

ごみばこ

キャスターを取り付けるのは手間ですが、後々が楽になるのでいいですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。