香川の白味噌あん餅雑煮を食べたい!屋島にある桃太郎茶屋へ

香川の白味噌あん餅雑煮を食べたい!屋島にある桃太郎茶屋へ

お雑煮の記事を書いていたら、香川のお雑煮を食べたくなってしまいました。
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

香川のお雑煮は白味噌仕立てにあん入りのお餅を入れるという、とても変わったものです。

食べたくなったとは言っても、わたしの両親は県外出身者。それゆえにわたしは香川の白味噌あん餅雑煮を数える位しか食べたことがありません。

だから何を使ってダシをとっているのかも知らなくて、自分で作るのことにもためらいがあります。

そこでお雑煮を食べることができるお店を探して行ってきました。

地域によって違うお雑煮。わたしのお正月の楽しみです
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。お正月といえばお雑煮ですね。地域によっても、各家庭によっても違いがあって、おもしろいなあって思います。わたしはこの時期にしか食べないこともあって、お雑煮には特別感があります。これがないとお正月

スポンサーリンク

高松の観光地、屋島

高松の観光地のひとつに「屋島(やしま)」があります。「島」とついていますが現在は陸続きになっているので、気軽に行くことができる場所です。

屋島山頂には四国八十八か所霊場の84番札所・屋島寺があり、源平合戦の史跡があり、水族館のアクリルパネルで世界的シェアを誇る日プラが運営する新屋島水族館があります。

山の上なので天気が良ければ素晴らしい瀬戸内の景色を望むこともできます。

屋島山頂からの眺め

そんな屋島山頂にある桃太郎茶屋で、香川のお雑煮「白味噌あん餅雑煮」をいただくことができるんですよ。

桃太郎茶屋

お店の外観と中の様子

この写真だとどっちのお店?って思っちゃいますね。どちらも同じオーナーのお店です。右側の黄色い犬の看板が出ているほうは、ワンちゃんOKみたいですよ!

屋島山頂・桃太郎茶屋

 

わたしたちはこちらのお店に入りました。

屋島山頂・桃太郎茶屋

 

店内は民芸調の落ち着いた雰囲気です。

屋島山頂・桃太郎茶屋

白味噌あん餅雑煮

ほかにお客さんがいなかったのもあって、お店の方とお話をしながら待つことしばし。白味噌あん餅雑煮が出てきました。

白味噌あん餅雑煮

 

白味噌に真っ赤な金時ニンジンが映えてますね。箸休めには香川の郷土料理、しょうゆ豆(炒った空豆をしょうゆベースのタレに漬け込んだもの)が添えられていました。

白味噌あん餅雑煮

 

お餅はもちろん、餡入りです!これではわかりにくいかな?

白味噌あん餅雑煮

 

これでどうでしょう?あんこが入っていますね。

白味噌あん餅雑煮

 

汁は少しトロみがついているくらい濃厚で、塩味をはっきりと感じます。これがあんこと相まって、絶妙のおいしさなんです。

うん、やっぱりいいな、白味噌あん餅雑煮。わたし、好きです。

イメージだけで「気持ち悪そう」なんて思わずに、香川に来ることがあればぜひぜひ試していただきたいです。

お店情報

屋島山上へのアクセス
車の場合:
屋島ドライブウェイの料金
二輪自動車・・・440円
乗用車・貨物車(軽、小型、普通共)・・・630円

ほか公共交通機関の場合:
JR屋島駅下車 屋島山上シャトルバス有
ことでん屋島駅下車 屋島山上シャトルバス有
屋島山上シャトルバスの時間・料金はこちらへ

 

お店の前は展望場所になっています。

桃太郎茶屋前の景色

暮しのメモ

香川で生まれ育っても馴染みのなかった白味噌あん餅雑煮ですが、たまに食べるとやっぱりおいしくて、いいなあって思います。

ところでこのお店のメニューを見ていたら・・・

桃太郎茶屋メニュー

え?
夏は「冷やしあんもち雑煮」
冷たいあんもち雑煮ってことでしょうか?気になります。
夏になったらまた来てみましょう。

こちらの記事もあわせてどうぞ。

香川の白味噌あん餅雑煮をいただく。商店街にある「ぶどうの木」
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。観光地・屋島山上で白味噌あん餅雑煮を楽しみましたが、日を改めて違うお店にも行ったので紹介しますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。