【こんまり流の片付け16】今回手放すことにしたバッグ

【こんまり流の片付け16】今回手放すことにしたバッグ

この記事は連載になっています。第1話はこちらからどうぞ!
【こんまり流のお片付け1】

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

こんまり流のお片付けに従って、洋服の整理をしてみます。

スポンサーリンク

バッグを見直して

昨日漫画を描いた時点でバッグの見直し作業はやっていなかったので、今日きちんと見直してみました。

わたしを悩ませてくれるハンドメイドバッグの中から、この2点を手放すことにしました。

捨てるカバン

右は縫い物を始めて間もない頃に作ったものだったと思います。
布合わせがぼけぼけで気に入っていないのですが、内布がデニムのためしっかりしていて使いやすかったです。

左は型紙を取り寄せて作ったバッグですが、キルティングのようなしっかりした生地推奨なのにぺらぺらの生地で作ったため、なんとなく恰好がつかないものになりました。
形はかわいいのに惜しかったな。

そして残ったのはこちら。

残すカバン

左の上下2つはハンドメイドじゃないですよ。

左上の紫色のは長い付き合いのネッ友さんからいただいたイギリス土産。
ジュート製で持ち手がしっかりしていてとても使いやすいのです。

左下は自分で購入した大英博物館のミュージアムグッズです。いろんな文字で「ブリティッシュ・ミュージアム」と書かれているのがユニークでお気に入り♪ 20年位前のものなので、今は(たしか)売っていないものです。

真ん中上は父に作ってもらったカバンです。
生地は東京・吉祥寺の「コットンフィールド」にて購入。(閉店しちゃいましたね)
おしゃれな生地ですね。このカバンを持っていたら2度ほど知らない方から声をかけられました。

真ん中下は自作したショルダーバッグです。
あんまり使っていないので手放し対象かなとは思うのですが、もう少し様子をみることに。

右上下2つも自作ですが、チビチビなのでバッグというより小物入れです。

今までに何度も見直しをして減らしてきたので「ガッツリと減る」ということはないのですが、こうして少しずつでもスッキリしていくと気持ちがいいです。

収納場所も余裕ができました。

続きます。

ひとつ前の記事はこちらへ【こんまり流の片付け15】

 

参加しているトラコミュです。
トラコミュ こんまり(近藤麻理恵)流ときめきお片づけ
トラコミュ 片付けて プチストレスをなくしていく
トラコミュ おうちを片づけたい
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
コメントの入力は終了しました。