モノと向き合い考える

モノと向き合い考える

失敗したお買い物。時を重ねると好みも変わることを肝に銘じる

わたしは緑色のものに惹かれやすく、つい、緑色のものに手が伸びてしまいます。 買ったときは緑色のファブリックでもいいと思えていたけれど、今は緑色は好きだけどインテリアに使いたい気分ではありません。 買ったときにさっさと作ればなにも問題はなかったのに、作らなかったばっかりに、お荷物になってしまいました。
モノと向き合い考える

大切なのはモノは数じゃない。自分の暮らしに必要なものを選びたい

夏野菜がたくさん採れる季節になりました。 お裾分けをしたりもするけれど、それでもなかなか食べるのが追い付かないくらいの豊作です。 ナスがたくさん採れたので、ナスの辛子漬けを作ることにしました。仕込みをしているときにふと、...
モノと向き合い考える

捨てることばかりに囚われていない?自分の暮らしのカタチをもう一度考えてみる

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。 ここのところ、なにかタガが外れたのか、買い物が続いてじわじわとモノが増えてきています。 あー、これ、まずいかな? また片付かない部屋に戻っちゃう? と、ドキドキし...
モノと向き合い考える

使わなくなった「お気に入りのもの」は、納得するまでとことん向き合う

片付けをしていてやっかいなものの一つに「お気に入りだったもの」がありますよね。 とっても気にいっていたけれど、もう使わなくなってしまったもの。 使わないのなら捨てたい。 だけど好きだったんだよね、これ。 ぐるぐるぐるぐる葛藤...
おうちごはん

買うor買わない?モノを増やしたくはない思いと、豊かな暮らしとのバランス

気になるモノがある。でも容易にモノを増やしたくない。 片付けに取り組むようになってから抱えるようになったジレンマです。 そんなときは、持っているものでうまく対応できたら買わなくてすむので助かります。
モノと向き合い考える

バッタが教えてくれた、心豊かに過ごすこと

イキナリですが、これ、なんだかわかりますか? ススキの葉でできたバッタです。 わたしが子供の頃は今のようにおもちゃがたくさんはなかったので、身近な花や草も立派な「遊び道具」になっていました。でも、バッタは作ったことがなか...
モノと向き合い考える

「モノを減らす」ことと「エコ」の間で。自分が大切にしたいことはなに?

キッチン収納の記事を書いていたときに、ふと、引出しに入れている落し蓋が目に留まりました。 たまにしか使うことがない落し蓋。そこから思ったことです。
モノと向き合い考える

モノを減らしたい気持ちと、大切にしたいコト

毎日少しずつ、年末大掃除を進めています。 今日はここの棚。 今日はここの引出し。 本当は「掃除」に集中したほうがいいのだけれど、拭くために棚や引出しといった収納場所から一度モノを全部出すので、ついでに必要なものかどうかの見直してい...
モノと向き合い考える

ハンドメイドの座布団カバーが語る、買い物の教訓

お買い物って楽しいですよね。いいなって思ったものは、手に入れたくなっちゃいます。それが使うもの、必要なものならいいのですが・・・。 座布団に自作のカバーをかけて使っています。 このカバーがヨレヨレになってきたのと、作り方に問題があったので、作り直したいなと思っていました。 カバーの作り方が悪くて、座布団カバーから座布団本体の糸の房が出ちゃっています。