骨格診断を受けてみる(1) 自分の「似合う」を知りたい

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

骨格診断を受けてみる(1) 自分の「似合う」を知りたい

骨格診断を受けてみる

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

最近なんだか、今まで着ていた服が似合わない・・・
そんなふうに感じるようになってきました。

うーん、困った。どうしよう。なにを着ればいいのかわからない・・・!

自分の迷いを減らすために、骨格診断を受けてみることにしました。

スポンサーリンク

 骨格診断とは

最近よく耳にするようになった「骨格診断」。
骨格診断とはなんでしょうか。

骨格診断とは、生まれ持った身体の「質感」「ラインの特徴」を知り、自分自身の体型を最もキレイに見せてくれるファッションアイテムを知る診断技術のことです。

参考サイト:一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会

体型から似合うファッションを導き出すのですね。

骨格診断はそれぞれの骨格タイプの特徴の出やすい手首、胸元、腰、膝などをボディタッチしながら診断をし、併せて、質感・全身のバランスなどを見ながら診断結果を導いていきます。

骨格タイプは「ストレートタイプ」、「ウェーブタイプ」、「ナチュラルタイプ」の3つに分かれます。

参考サイト:一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会

骨格診断は骨格をから判断するので、太っている・痩せているというのも、年齢も関係ないのだそうです。

一度受けておけば、一生ファッションの参考にすることができるのです。

骨格診断を受けてみようと思ったわけ

断捨離をしてずいぶんたくさんの服を手放しました。

その中にはいいなと思って買ったものの、上手に着こなすことが出来ず、タンスの肥やしになっていた服もありました。

たくさんの服を手放して、買うときには慎重になったものの。

今まで着ていた服がなんだか似合わない・・・

そんなことを感じるような年代になり、ファッションに迷いがでるようになってきました。

それならば。
骨格診断を受ければ、服を選ぶときの一つの参考になるのではないかと思ったのです。

骨格診断の費用は決して安いものではないけれど、あまり活用できずに手放した服たちに使ったお金のことを思えば十分に投資する価値があると判断しました。

たくさんの服は手放したけれど、オシャレ心までは手放していません!(笑)

最新のファッションを追いかけるつもりはないけれど、年相応にきれいでいたい。
「適当に着る」のではなく、似合うものを身に着けたい。
お出かけをするときに気持ち良くいたい。

でも枚数は多くなくていい。

単に減らしていくだけではなく、自分に似合うものを知り、自分が気持ちよく過ごせるワードローブへと整えていくのが目標です。

ちょっと変わったルールの我が家の誕生日プレゼント

余談。

我が家では家計から誕生日プレゼントを買うようになっています。

家計から出す予算は決まっていて、欲しいものがその予算以上のものだった場合は自腹を切るというルールなんです。

「誕生日プレゼントなのに自腹きるの!?」と思うかもしれませんが、「予算内に収まる適当なもの」を買うよりも「自腹を切ってでも欲しいと思うもの」を買うほうがずっといいと思うから。

これは結婚当初から採用しているやり方です。

欲しい物が思いつかなかった場合は予算を翌年に持ち越せます。
夫は3年分の予算に自分の小遣いも合わせて、ちょっといいデジカメを買ったことがあるんですよ♪

誕生日だからこそ、適当なものではなく欲しいものを手にしたいのです。

骨格診断を受けてみる(2) わたしは「ナチュラルタイプ」だった
↑いや、こんな印籠をかざすみたいなことはしませんが(汗) これは漫画的表現です。 こ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。