服は少ないほうが、好みが変わったときに対処しやすいのです

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

服は少ないほうが、好みが変わったときに対処しやすいのです

たくさんあった服。納得して捨てるためにとことん着倒しました

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

年齢を重ねてきていつまでも「大人かわいい」というのもなんだかねと思うようになり、もう少しすっきりした感じのファッションへの変更を模索中です。

スポンサーリンク

捨てるのに躊躇するときは、着倒します!

ファッションの好みが変わったときに困るのがそれまで着ていた服です。

「こんなのはもう着ないな」と思ったら潔く手放してもいいかと思うのですが、わたしの場合、なんにでも合わせやすいベーシックなものが多いだけにどうしたものかと悩んでしまいます。

特にTシャツ類。半袖、長袖、タートルネックと実に多いです。

あれば着るんですよ。
ただ、枚数が多いのです。

さっさと手放してしまったほうが悩まなくていいのだと思いますが、「あったら着る」ものなので、わたしが出した結論は「着倒して減らしていく」です。

そういう選択ができたのは、以前と比べると服の枚数が減っていて収納に余裕があるためです。タンスに服がぎゅうぎゅうに詰まっている状態だと、さすがにそんな悠長なことは言っていられませんから。

納得して手放せると、心の負担も軽くてすみます。

服は枚数が少ないほうが、好みや体型なんかが変わったときにすぐに対処できていいなとつくづく思います。

断捨離前に何枚の服を持っていたのかがわからないのですが、第一目標を100枚以下、最終目標を80枚と設定して減らしてきて、80枚目前になった今は「やっぱり多い!」と最終目標を60枚に変えました。

正直に言うと40~50枚位でいいと思うのですが、とりあえず60枚を目標に減らしていこうと思います。

 

参加しているトラコミュです。
トラコミュ 断捨離でゆとり生活
トラコミュ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ちゃーちゃん より:

    え~今日は捨てるのを迷っている防寒着を着て町会の餅つきに行ってきました。
    この寒い中、若手ママたちは裏の水道で里芋を洗っていたのですが…
    U社にお勤めの方も、G社にお勤めの方もいらして、
    それぞれお店ではその年の製品を着用するように決まりごとがあるらしく。
    …G社では毎年ボーダーのTシャツを発売していて、そのママも何年分か所有していて、ちょっといいかな、って去年のTシャツを着ていったら店長が「ボーダーのピッチが違う」って指摘してきたとか。
    最近の子供(高校生)たち、友達同士でTDLに行くときは、U社でフルコーディネートお揃いを買って着ていくのが流行っている、とか。
    今年の製品限定なので、服の枚数が多くなるよ~とか。
    里芋を洗いながら今様な話題をたくさん聞いてまいりました。

    来年あたりお餅の返しを頼まれそうなので、やはり防寒着は捨てられそうにありません。
    アレはぺったんやら火の粉やら飛んできますし…餅つき服。
    火の粉で穴が開いちゃったら替えます。

    • Sae より:

      >ちゃーちゃんさん
      寒い中、餅つきお疲れ様です!
      ファッション業界は販売員がモデルでもありますものね。
      安くは買えるみたいですが(友人が昔ハウスマヌカンをやっていた)、
      大変だろうな・・・と思います。

      >友達同士でTDLに行くときは、U社でフルコーディネートお揃いを買って
      大変そうですね・・・(^_^;)

      防寒着は使えるところまで使って、穴が開いたら気持ちよくさようなら♪でいいのではないでしょうか。
      モノを減らすことも大事だけど、最後まで使い切ることも大切だと思います。

コメントの入力は終了しました。