年に2度の梁掃除。梁掃除をして敷物を冬用に変えます

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

年に2度の梁掃除。梁掃除をして敷物を冬用に変えます

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

寒くなってきたのでリビングの敷物を替えることにしました。
その時に梁の掃除をするようにしています。

前回の記事はこちら↓

年に2度の梁掃除は家にあるもので工夫をする
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。急に夏日になりましたね。暑さに体がついていかなくてバテそうです。リビングはまだカーペットを敷いたままだったので、慌てて夏用のラグに敷き変えました。

スポンサーリンク

 雑巾とヒモで梁掃除!

掃除にとりかかる前の準備です。

雑巾の両端にヒモをくくりつけます。今回はビニールヒモと麻ヒモを使いました。

雑巾にヒモをくくりつける

ヒモは切らずにそのままにしておきます。

ビニールヒモの本体を、梁を超えるように投げます。
柔らかいビニールヒモなので、床に落ちても問題ないのがいいのです。

梁掃除をしているところ

ヒモを持って梁の端から端まで拭いていきます。
これなら特別な道具を用意しなくても拭き掃除ができるので気に入っています。

工夫をすればモノを増やさなくてもすむんですよ!

梁掃除が終わったら丁寧に掃除機をかけて、敷物を敷きます。

リビングルーム
冬場は断熱用のアルミシート+ホットカーペット+カーペットと、3つを重ねて敷いています。

カーペットは白っぽく写っていますが、実際はこげ茶色です。

敷物はニトリで買うことが多いですね。
傷み具合を見ながら数年ごとに買い替えています。
色はアイボリー、ベージュ、茶色、こげ茶色のあたりからその時の気分でセレクトしています。

カーペットに替わったので、これで冷える夜も助かります!

 

参加しているトラコミュです。
トラコミュ 掃除&片付け
トラコミュ 住まいと暮らし
トラコミュ 掃除・片付けのコツ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

コメントの入力は終了しました。