瀬戸内国際芸術祭2016!ゆるりとした時間が流れる高見島の回り方

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

瀬戸内国際芸術祭2016!ゆるりとした時間が流れる高見島の回り方

うどん県で生まれて育ちました。こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

3月20日から「瀬戸内国際芸術祭2016」が始まりました!

これは瀬戸内の島々を舞台に開催される、現代美術の国際芸術祭です。
トリエンナーレ(3年に1度開催)形式で、2010年に第1回、2013年に第2回が開催され、今回は第3回目になります。

実はわたし、2010年、2013年共に全作品を鑑賞しています!(イベントは除く)

全島を巡った経験を元に、各島の回り方や気を付けたいこと、オススメ情報なんかをまとめてみます。
今年はアートと美しい瀬戸内の景色を楽しんでみませんか?

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

スポンサーリンク

高見島(たかみしま)

高見島は秋会期のみの開催になります。

高見島。黄色い旗でお出迎え!
2013年の高見島。黄色い旗でお出迎え!

高見島へのアクセス

高見島へは多度津港から三洋汽船がフェリーを運航しています。

また、芸術祭期間中のみ[本島~高見島][高見島~粟島]の臨時便がにじ観光により運航されます。

高見島への航路

 

多度津~高見島のフェリー
多度津-高見島のフェリー。
2013年の時はフェリーも作品になっていたので、船体に模様が描かれていた。
本島~高見島の高速船
本島-高見島の高速船
多度津港
多度津港、高見島行の乗り場

島内の移動手段

集落の規模が大きくないので、徒歩で回ることができます。
ただ、作品は平坦な場所だけではなく細い路地を上がって行く場所もあるので、靴は歩きやすいもののほうがいいと思います。

高見島の道は急坂なところが多い
急な階段を上るところもあります。

食事のこと

2013年、2016年ともに本島で昼食を調達してから高見島に来たので、高見島での食事事情は詳しいことはわからないです。

港の待合所に案内が出ていたので、高見島に着いたら確認してみてくださいね!

高見島の待合所に出ていた案内

 

写真を撮ったところを紹介しますね。

生栄丸~出来屋

港から旧高見小・中学校方面に進み、郵便局を過ぎたところにあります。

高見島の食事処

 

表に出ている看板はこんな感じ。
刺身定食、しらす丼は1000円でした。

看板

 

本島で買ったタコ飯やタコ天を食べた後だったので、たこのうま煮(200円)だけをいただきました。

2013年のときもここのたこのうま煮を食べて、そのやわらかさ、おいしさに感動したのですよ!高見島に来たらまた食べたいと思っていました。

タコのうま煮

太い足なのにすっと噛みきれる~♪
どうやったらこんなに柔らかく炊くことができるのでしょう。

高見食堂

作品149番を見た後、作品150番を目指して歩いていたときに見た看板です。

海鮮丼の看板

 

場所は作品149の近くです。

高見島の待合所に出ていた案内

森田屋

作品150番のすぐ向かいにあります。

森田屋

 

メニュー。

森田屋のメニュー

 

建物の横で海鮮バーベキューもやっていました。
タコ、イカ、白ミル、それぞれ300円となっていました。

森田屋、浜焼き

海のテラス

作品の1つでもあり、「島と食&アート」にもなっている海のテラス。パスタ(1300円)があります。
天気のいい日に海を眺めながら食事をするのもいいですね。

海のテラス

お接待

島の何か所かでお接待をしているようです。
高見島の坂道はとても急なので、作品鑑賞の合間に立ち寄って一休みするのもいいですね。

お接待の案内

お接待(西山邸)
お接待 いちじ(西山邸)
お接待(えのばや 大倉邸)
お接待 えのばや(大倉邸)

作品鑑賞とあわせて見ておきたいもの

天女の瓦

2013年の時に作品を見て回っていたら、こんな案内板に出くわしました。珍しい天女の瓦です。

高見島・天女の瓦の案内板

高見島・天女の瓦

大聖寺の力士像

大聖寺の鐘楼門を見上げてみてください。屋根を持ち上げている力士像に出会えますよ。
大聖寺は作品155番を観賞するときに近くを通ると思います。

大聖寺の力士像

作品の鑑賞時間

2013年のときは本島13:35発、高見島14:00着の船で島に入り、半日で全作品の鑑賞ができました。
17:35発多度津行きの便に乗りましたが、島が混みあうと臨時便がでます。

多度津行きフェリーは混むと臨時便がでるが
多度津行きフェリーは混むと臨時便が出る。(2013年)

2016年は本島12:10発、高見島12:35着の船で来島し、本島で買ってきたお弁当を食べてから作品鑑賞を開始しました。
15:40(臨時便)発の船で高見島を後にしました。

高見島は2,3時間あれば十分に見て回ることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

高見島は2013年の芸術祭で初めて訪れた島です。
正直、過疎化が進んでいることをとても感じる島でした。
でも港を飾る黄色い旗を始め、観光客を迎え入れる心づかいに気持ちがほっこりと温まる島でもありました。

この記事が島巡りの参考になればうれしいです。

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク