瀬戸内国際芸術祭2016!小豆島はエリアを決めて回ろう

瀬戸内国際芸術祭2016!小豆島はエリアを決めて回ろう

うどん県で生まれて育ちました。こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

3月20日から「瀬戸内国際芸術祭2016」が始まりました!

これは瀬戸内の島々を舞台に開催される、現代美術の国際芸術祭です。
トリエンナーレ(3年に1度開催)形式で、2010年に第1回、2013年に第2回が開催され、今回は第3回目になります。

実はわたし、2010年、2013年共に全作品を鑑賞しています!(イベントは除く)

全島を巡った経験を元に、各島の回り方や気を付けたいこと、オススメ情報なんかをまとめてみます。
今年はアートと美しい瀬戸内の景色を楽しんでみませんか?

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

スポンサーリンク

小豆島(しょうどしま)

小豆島は全会期(春・夏・秋)の開催になります。
芸術祭が開催される島の中で一番大きな島になります。

平和の群像

小豆島へのアクセス

小豆島へは香川(高松、豊島、直島)、岡山(岡山港、日生)、兵庫(三宮、姫路)と各方面からの船があります。

小豆島への航路

高松からだと小豆島の土庄港池田港草壁港坂手港への便があります。

一番大きな港は土庄港。船の便も土庄行きが一番多いです。しかし小豆島の作品は1日ではすべてを見て回ることができないので、観賞したいエリアによって到着する港を選ぶのもいいと思います。

高松の小豆島行きチケット売り場

土庄、池田、草壁行きのフェリーの切符売り場は奥のほうにある建物。

直島・小豆島行きフェリーの切符売り場

直島と小豆島行きフェリーの切符売り場

土庄と草壁行きの高速艇の切符売り場はホテルクレメントの近くにある建物になります。

小豆島・直島・豊島・女木島・男木島の切符売り場

土庄と草壁行きの高速艇の切符売り場

小豆島行きの乗り場

なお、高松ー坂手港のフェリーはここサンポートの県営桟橋ではなく、高松東港になります。
そして芸術祭期間中の土日祝のみこの区間の高速船が運航していて、高速船は県営桟橋の発着になります。

高松ー坂手の高速船

高松ー坂手の高速船。目立つカラーリングです。(2013年撮影)

ビートたけしさんのサイン

座席にはビートたけしさんのサインが!

小豆島の移動手段

小豆島は大きな島なので、なにかしらの乗り物を使うことになると思います。

バス

わたしが芸術祭の時に利用しているのがバスです。フリー乗車券を買うと小銭を用意しなくていいし、乗り降り自由になるのでラクチンです。

バスに乗る回数が少ないときは、通常運賃を払って乗ることもあります。

タクシー

「バスを待つ時間がもったいない!」と、一度だけ使ったことがあります。土庄港から肥土山地区(バス停の常盤橋)まで2000円(2013年)でした。4人でワリカンしたので1人500円です。バスだと1人(大人)300円の区間です。状況によっては便利です。

レンタカー

港周辺にレンタカーがあるので、これも便利だと思います。

車を持ち込む

小豆島行きフェリーは車を乗せることができます。

レンタサイクル

レンタサイクルのお店も複数あります。

「自転車で小豆島を全部回るんだ!!」
・・・止めはしませんが、大変だと思います。

でもエリアを決めて利用する分にはいいのではないでしょうか。「土庄を自転車でまわる」「醤の郷を自転車でまわる」という感じだと、バスの時間に振り回されなくてすみます。

小豆島・エリア別のまとめ

エリア別に参考になることをまとめておきます。
今回の芸術祭で新たに加わった大部北浦についてはわからないので省略します。

土庄

土庄港と土庄本町に作品があります。この区間は歩けないことはないけれど(1.5kmくらい)、バスに乗ったほうが楽かなというところ。

時間があれば、Mei PAMを回ってみるのも楽しいです。

Mei PAM

Mei PAM1

食事はこちらに行きました。

小豆島|セトノウチ島メシ家のデリランチは瀬戸内のおいしさがつまっている
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。先日、小豆島に行ってきました。2016年(今年ですね!)に新しくオープンしたお店で食べたランチがとってもおいしかったので、紹介します。

このエリアで使いやすいバス停は「土庄本町」と瀬戸内国際芸術祭線の「国際ホテル(エンジェルロード前)」です。

地図で見ると国際ホテルは離れているように見えますが、西光寺近くにある作品「目」からだと徒歩で10分かからないのです。

我が家は土庄本町の作品を観賞して、ランチを食べた後、国際ホテル前のバス停から肥土山地区へ向かいました。

小豆島、土庄本町エリアの地図

肥土山・中山地区

土庄港からバスに乗ってくると、肥土山の「常盤橋」で降りるか、中山の「春日神社前」で降りるかになります。

「常盤橋」そばの作品「うみのうつわ」から「春日神社前」近くの作品「オリーブの夢」までは2kmくらいあるでしょうか。バスを使うのもいいですし、わたしは景色を楽しみながらブラブラと歩いています。

小豆島、肥土山地区の地図

「うみのうつわ」からだと川沿いの道になるのでわかりやすいと思います。途中から川を離れますが、迷うことはないと思います。

小豆島、肥土山地区の道

こんな道を歩きます。(2016年撮影)

心配ならバス道(一般道)を歩くのも手ですが、意外とアップダウンがあります。

中山には美しい棚田があります。この写真は春日神社から奥に入ったところです。

中山千枚田

中山千枚田(2010年撮影)

そしてこのエリアでの食事処といえば、こまめ食堂です!

こまめ食堂

この時(2013年)はおやつ時間に行ったので、オリーブ牛のハンバーガーを夫が食べました。(わたしはおやつにこんなハードなものを食べることはできません・・・)

オリーブ牛のハンバーガー

友人によるとこの辺りは米どころなのでお米がおいしいらしいのです。おにぎり定食を食べてみたいです。

三都(みと)半島

2013年。三都半島の最寄りになる池田港に降り立ち、バスのフリー乗車券を買い求めたわたしに話しかけてくる芸術祭案内係の男性がいました。

「三都半島に行くんな? だったら40分にバスが来るからそれに乗って、ふるさと村に行って。ふるさと村では15分後にバスが来るからそれに乗って吉野まで行って、今度は引き返してきてくるんや。ジグザグに見たほうが効率がええで。順番に回ると5時間はかかるけど、ジグザグやともっと早う回れるけん」

???

最初は意味が分からなかったのですが、バスの時刻表とにらめっこをすると、男性が言わんとしたことがわかりました。

三都半島をバスでまわる場合は、ちょっとしたコツがあるのです。

2016年は2013年の時ほどあちこちに作品がないのですが、それでもやっぱり「ジグザグ法」を使ったほうが効率が良さそうです。

具体的に検証してみましょう。

順番に作品を見て回る場合

  • 高松8:32発→池田港9:32着(フェリー)
  • 池田港9:40発→小豆島ふるさと村9:49着
  • 小豆島ふるさと村発10:14→吉野浜10:20着
  • 吉野浜11:45発→蒲野11:50着
  • 蒲野13:20発→市神子13:25着
  • 市神子15:00→神浦15:02着

三都半島を順に回る

バスの便数の関係で、無駄が多くなります。

  • 吉野浜で約1時間半
  • 蒲野で約1時間半
  • 市神子で約1時間半

たぶん、作品観賞にこんなに時間はかからないと思います。(よっぽど混んでいたら別ですが・・・)

市神子から神浦までは徒歩で10~15分くらいなので(ただしアップダウン有)、ここは徒歩移動をすれば神浦で時間の余裕ができます。

神浦から池田港に戻るバスは14:46発、15:31発、17:01発あたりでしょうか。
作品90番の鑑賞がカギになりそうです。

ジグザグに作品を見て回る場合

  • 高松8:32発→池田港9:32着(フェリー)
  • 池田港9:40発→小豆島ふるさと村9:49着
  • 小豆島ふるさと村発10:14→蒲野10:25着
  • 蒲野10:58発→吉野浜11:03着
  • 吉野浜11:45発→市神子11:55着
  • 市神子13:25発→神浦13:27着

三都半島をジグザグに回る

市神子から神浦へは徒歩移動(15分くらい)をすれば神浦で余裕ができます。

順に回った場合と比べて、神浦への到着時間が早いことがわかりますね。
蒲野での滞在時間が約35分、吉野浜での滞在時間が約40分と短いため、全体的に時間が短縮されるのです。

これだと神浦から池田港に戻るバスは14:46発か15:31発を選ぶことができます。17:00の便まで滞在することはないでしょう。

行ったり戻ったりすると時間がかかるように思えますが、こちらのほうが効率がいいのです。おもしろいですね。

醤の郷(ひしおのさと)/坂手周辺

2013年の時は午前中に福田港の作品を見た後、午後にこちらの作品を観賞しました。
でも今年は二十四の瞳映画村のほうにまで作品があるので、このエリアだけで1日かかるかなと思っています。

作品があるエリアからは少し離れますが、ここは醤油どころです。佃煮屋さんが何軒かあります。試食ができるので、自分の好みの佃煮をさがすのも楽しいです。醤油アイスも売っていますよ!

二十四の瞳映画村

二十四の瞳映画村

福田

作品は福武ハウスだけなので、問題はないと思います。

福田アジア食堂が楽しみなんですよね。地元料理とアジア料理が混在しています。
2013年の時はここでランチをいただきました。

ふくだ定食

ふくだ定食、この日は「たこめし」

アジア定食

アジア定食、この日は「グリーンカレー」

土庄・肥土山地区のタイムスケジュール

2016年春に土庄と肥土山地区の作品を観賞した時のタイムスケジュールです。
参考にしてください。

高松9:00→土庄港10:00(フェリー)
 *作品69「太陽の贈り物」観賞
 *バスのフリー乗車券を買う
土庄港10:25→土庄本町10:30(バス)
 *作品73「大岩島2」観賞
 *作品71「つぎつぎきんつぎ」観賞
 *作品「目」2ヵ所観賞
 *セトウチ島メシ家でランチ
国際ホテル12:49→常盤橋13:03(バス)
 *作品74「うみのうつわ」観賞
 *作品75「猪鹿垣の島」観賞
 *作品77「オリーブの夢」観賞
 *こまめ食堂でジュースを買って休憩
春日神社前15:26→土庄港15:53(バス)
 *作品70「アートノショーターミナル」観賞
土庄16:30→高松17:35(フェリー)

小豆島のお土産

小豆島を代表する名産品と言えば、醤油、そうめん、オリーブ関連商品が思い浮かびます。

オススメのお土産をまとめてみましたので、あわせてご覧ください。

地元を愛するわたしが選ぶ、小豆島のお土産ベスト5
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。瀬戸内国際芸術祭の夏会期(7月18日~9月4日)が始まった影響でしょうか。島の巡り方を紹介した記事がよく読まれるようになりました。とくに読まれているのが小豆島のようです。小豆島は船の便数も多く
小豆島の金両醤油の「だし醤油」と「がぁりっく油」は無敵のおいしさ!
こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。先日、小豆島のオススメのお土産の記事を書いたときに、金両醤油が作るオリーブ製品を2つも挙げていたことに自分でも驚きました。金両醤油は名前のとおり、醤油蔵です。いつからオリーブ製品を作るようにな

まとめ

いかがだったでしょうか。

小豆島は大きな島なので、しっかりと計画を立てて回りたいですね。全作品を見ようと思ったら、3,4回は足を運ばないといけないかも?というかんじです。(2013年のときは3回行きました)

エンジェルロードやオリーブ公園、寒霞渓など、小豆島は観光地も多いので、観光を織り交ぜながらアートを楽しむのもいいですね。

この記事が島巡りの参考になればうれしいです。

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメント

  1. チリ より:

    初めまして、今回初めて瀬戸内国際芸術祭に行くことになり、島を周るに当たってこちらのサイトを参考にさせていただいております^^
    一つお聞きしたいのですが、三都半島を周るモデルコースのバスの時間はどちらのものでしょうか?
    今、小豆島オリーブバスで検討しているのですが、同じ時間帯のものが見つからず・・・
    もしよろしければ教えていただけると幸いです
    素敵な記事をありがとうございます

    • さえ より:

      >チリさん
      はじめまして。
      芸術祭を回られるのですね!
      三都半島のバスの時間は、公式ガイドブックの261ページに載っているものを見ながら組みました。
      「小豆島オリーブバス」のWEBサイトだと、従来の時刻しか掲載されていないみたいですね。
      芸術祭期間中とGW、SWのみ運行される便があります。

      美しい瀬戸内の景色と、芸術祭を楽しんでくださいね。
      良い旅になりますように♪