瀬戸内国際芸術祭2016!アートの聖地・直島を回るときに気を付けたいこと

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

瀬戸内国際芸術祭2016!アートの聖地・直島を回るときに気を付けたいこと

うどん県で生まれて育ちました。こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

3月20日から「瀬戸内国際芸術祭2016」が始まりました!

これは瀬戸内の島々を舞台に開催される、現代美術の国際芸術祭です。
トリエンナーレ(3年に1度開催)形式で、2010年に第1回、2013年に第2回が開催され、今回は第3回目になります。

実はわたし、2010年、2013年共に全作品を鑑賞しています!(イベントは除く)

全島を巡った経験を元に、各島の回り方や気を付けたいこと、オススメ情報なんかをまとめてみます。
今年はアートと美しい瀬戸内の景色を楽しんでみませんか?

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

スポンサーリンク

直島(なおしま)

直島は瀬戸内国際芸術祭が開催される以前から、福武書店(現・ベネッセ)によって、アートの島への道を歩んでいます。

島を文化的な場所にしたいという意向で町長・三宅親連と福武書店の創業者・福武哲彦との間で意見が一致し、急逝した福武哲彦の跡を継いだ福武總一郎が1987年に一帯の土地を購入し、1989年に研修所・キャンプ場を安藤忠雄のマスタープランでオープン。福武總一郎は「直島南部を人と文化を育てるエリアとして創生」するための「直島文化村構想」を発表し、1992年にホテル・美術館の「ベネッセハウス」建設などへと拡大する。

参考サイト:Wiki「直島町」

草間彌生・南瓜
草間彌生作「南瓜」

地理的に香川よりも岡山に近いため、電力が四国電力ではなくて中国電力だったりします。

直島へのアクセス

直島へは高松、宇野、豊島からのルートがあります。

直島への航路


四国汽船株式会社がフェリーや高速旅客船を運航しています。

切符売り場は高松しかわかりませんが、フェリーと高速船で売り場も乗り場も違います。気を付けましょう!

直島行きの船の切符売り場

直島・小豆島行きフェリーの切符売り場
直島(と小豆島)行きフェリーの切符売り場

フェリーと高速船の違いはざっくりいうと、

  • 運賃は高速船はフェリーの倍(高速船1220円/フェリー520円)
  • 時間はフェリーは高速船の倍(高速船25分/フェリー50分)

時間をお金で買う感じですね。日程に合わせて選んでください。
あとフェリーのほうが大人数乗れます。ゆえに混んでいるときは座席確保が大変です!

直島行きフェリー「なおしま」
高松-直島のフェリー「なおしま」(2013年撮影)

高松と直島を結ぶフェリー
2015年5月から就航している新造船「なおしま」。草間彌生モチーフ。(2016年撮影)

直島行き高速旅客船
高松-直島の高速旅客船(2010年撮影)

船の大きさが全然違いますね。

島内の移動手段

直島での作品は、主に次の3ヶ所になります。

  • 宮浦(みやのうら)
  • 本村(ほんむら)地区
  • ベネッセエリア

直島

高松や宇野からの船がメインで着くのは宮浦になります。なので宮浦を起点にして話を進めますね。というか、本村から島に入ったことがないんです・・・。

バス

直島町営バスが宮浦から本村(終点はつつじ荘)へ運行しています。

直島町営バス時刻表 (pdfファイル)

また、芸術祭期間中は宮浦から地中美術館行の臨時バスがあります。

ベネッセエリア内(つつじ荘から地中美術館)は無料のシャトルバスがあります。

直島島内のバスルート

レンタルサイクル

わたしは借りたことがないのでわかりませんが、宮浦港周辺に複数のレンタルサイクルショップがあります

レンタルサイクル
OUGIYA

レンタルサイクル
T.V.C.直島レンタルサービス

レンタルサイクル
Little Plum

写真の最初の2枚は海の駅「なおしま」に面した道路にあるので、すぐ目につくと思います。3枚目のお店は作品「直島銭湯」の裏にありました。

宮浦港から本村へはゆるく上り坂になります。

なお、つつじ荘から李禹煥美術館まではベネッセの私有地となり、自転車の乗り入れは禁止されています

本村から地中美術館へは自転車で行けるようです。本村にもレンタルサイクルがあります。

本村から地中美術館へ

徒歩

午後、本村から宮浦までバスにのろうと思ったら、ものすごく混んでいました。(土日です)

直島・本村からバスに乗ろうとすると

船の時間が決まっているので、人の動きはどうしても似通ってきます。

この時は時間に余裕があったので、おそらく次のバスも同じだろう、それを待つくらいなら歩こうという話になり、本村から宮浦まで歩くことにしました

道は多少のアップダウンはあるけれど、全体で見れば下り坂でした。大人の足で30分くらいで宮浦港に着きました。ご参考までに。

作品鑑賞をするにあたって

宮浦

港周辺、徒歩圏内に作品があるので、観賞は問題ないと思います。

本村

宮浦からバスで5,6分くらいで着きます。降りるのは「役場前」か「農協前」のどちらかで。

家プロジェクトの1つ「南寺」は1回に16人の時間交代制になっています。整理券を配布しているので、見たい方は先に整理券を入手しておきましょう。混んでいるときは午前中にその日の分の配布が終了していることもあります。

本村の作品は点在していますが、歩いて回ることができます。

ベネッセエリア

ベネッセエリアにある美術館の中では、地中美術館の人気が高いです。混んでくると入館制限がかかるみたいなので、そのあたりがカギになります。

わたしは運良く15分、20分待ち程度で入ることができたのですが、1時間待ち、2時間待ちになっていることもありました

ベネッセエリア内は無料のシャトルバスが運行しているので、バスの時間を確認しながら作品鑑賞をするのがいいと思います。

でもバスに乗り損ねても大丈夫!

地中美術館から李禹煥美術館までは徒歩10分くらい
李禹煥美術館からベネッセハウスミュージアムまでは徒歩15分くらい
ベネッセハウスミュージアムからベネッセハウスパークまでは徒歩15分くらい

歩けない距離ではないです。というか、歩いたことがあります・・・。

食事のこと

直島は観光客が多いせいか、飲食店は充実しています。ただお昼時は混みやすいので、注意しましょう。

わたしが行ったお店を紹介します。

Cafe Restaurant GARDEN(本村)

2010年に行きました。お店というよりも「田舎のおばあちゃん家に遊びに来た」ような感じ。座卓で床に座布団を敷いて、ゆったりくつろげて、あまりの居心地の良さにお尻に根が生えてしまいました。

Cafe Restaurant GARDEN

カレーとピザが売りのようです。ピザを2枚注文したと思うのですが、写真はサラダしかありませんでした。お腹空いてて、写真を撮る間もなく夢中で食べてしまったんです、はい。

Cafe Restaurant GARDEN

ベネッセハウス ミュージアムカフェ(ベネッセエリア)

ここも2010年です。写真がないのですが、ちょうどベネッセハウスミュージアムを見学していたときにお昼時になったので、ここでささっとすませました。

食べたのはスパゲティ。可もなく不可もなくといったところ。

玄米心食あいすなお(本村)

2013年に2度行きました。個人的に好きなお店です。

玄米心食あいすなお

あいすなおセット」は玄米ごはんと呉汁という大豆をすりつぶしたものをみそ汁に溶かした汁もの、季節の野菜料理です。肉・魚を使っていないヘルシーなセットです。

玄米心食あいすなお「あいすなおセット」
あいすなおセット

食べてみると意外とボリュームがあるんですよね。玄米だからしっかり噛むのでそう感じるのかな?

木の崎うどん(宮浦)

2013年。帰りのフェリーまでにかなりの時間があり、港周辺で時間をつぶしていたら「小腹がすいた・・・」なんてことを言いだす人がいて。(このときは6人で行っていた)

まさかの、おやつにうどんです。これがうどん県民だよ・・・!

木の崎うどん

うどん屋とカフェが隣り合わせになっていて、お店とお店の間にあるテーブルはどちらの商品を食べてもいいとのことだったので、わたしはジュースと小さな洋菓子を買い求めました。

その横でうどん、しかも肉うどんを食べる夫と友人たち・・・。

木の崎うどん

カフェサロン中奥

2016年に行きました。別記事を書いたので、見てください。

作品の鑑賞時間

わたしは瀬戸内国際芸術祭期間中の土日にしか直島に行っていませんが、経験上1日で全作品を観賞するのは無理です。2日かかってます。
平日がどうなのかはわかりませんが、たぶん難しい気がします。

わたしは次の便を使っています。フェリーです。

高松08:12発→直島09:02着
直島17:00発→高松18:00着

まとめ

いかがだったでしょうか。

そういえば「瀬戸芸の全作品を見た」と豪語していますが、考えてみたら家プロジェクトの「きんざ/このことを」だけは見ていません。これ、完全予約制で観賞時間が1人15分かかるので、芸術祭期間中の土日に予約を取ることはほぼ不可能な気がします。宿泊者枠もあるので、かなりハードルが高いです。なので最初からはずしてあるんですよ。いつか見てみたいです。

この記事が島巡りの参考になればうれしいです。

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする