瀬戸内国際芸術祭2016!うどん県民のうどんをささえるイリコの島、伊吹島

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

瀬戸内国際芸術祭2016!うどん県民のうどんをささえるイリコの島、伊吹島

うどん県で生まれて育ちました。こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

3月20日から「瀬戸内国際芸術祭2016」が始まりました!

これは瀬戸内の島々を舞台に開催される、現代美術の国際芸術祭です。
トリエンナーレ(3年に1度開催)形式で、2010年に第1回、2013年に第2回が開催され、今回は第3回目になります。

実はわたし、2010年、2013年共に全作品を鑑賞しています!(イベントは除く)

全島を巡った経験を元に、各島の回り方や気を付けたいこと、オススメ情報なんかをまとめてみます。
今年はアートと美しい瀬戸内の景色を楽しんでみませんか?

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

スポンサーリンク

伊吹島(いぶきじま)

伊吹島は秋会期のみの開催になります。

2013年は夏会期に開催していましたが、夏はイリコ漁の本番で島は大忙し!
せっかく足を運んでくれた来島者にきちんとお接待がしたいと、2016年は秋会期に変更になったという経緯があります。

琴弾山から伊吹島を望む

伊吹島へのアクセス

伊吹島へは観音寺市の観音寺港から市営伊吹航路があります。

観音寺港と伊吹島を結ぶ船の時刻表はこんな感じです。

観音寺港と伊吹島を結ぶ船の時刻表

観音寺港と伊吹島をむすぶ「ニューいぶき」
観音寺港-伊吹島を結ぶ高速旅客船。
ニューいぶき(2013年撮影)

車の方は無料駐車場からシャトルバスで観音寺港へ

車の方は琴弾(ことひき)公園に無料駐車場が用意されています

 

無料駐車場の手前にシャトルバス乗り場があるので思わずここに車を止めたくなりますが、奥に進むようにしてください。

観音寺港の臨時駐車場からのシャトルバス乗り場

 

駐車場では係員の指示に従って駐車してくださいね。
駐車場のそばにバスが止まっていますが待機しているだけです。バス乗り場まで歩いていきましょう。

観音寺港の無料駐車場

 

シャトルバスは無料です。
だいたい船の時間に合わせて運行しているようです。

無料駐車場と観音寺港をむすぶシャトルバスの運行時刻表

 

港に着いてバスを降りると切符売り場があります。

観音寺港、瀬戸芸用切符売り場

 

切符を買ったら、列に並んで待ちましょう。

列に並んで待つ

JR観音寺駅と港を結ぶシャトルバスもあります

無料シャトルバスはJR観音寺駅からも出ています。
わたしは観音寺駅には行っていないので詳細はわからないのですが、バス乗り場はわかりやすいところにあると思います。JRで来る方は利用しましょう。

伊吹島は坂道の島

伊吹島は大漁旗でお出迎え!
伊吹島では大漁旗でお出迎え!(2013年)

伊吹島は基本的に徒歩で回ることができます。
男木島に近いイメージです。アップダウンのある路地道を歩きまわる感じ。

男木島との違いは、男木島は作品と作品の距離が比較的近いのに対して、伊吹島は作品同士の距離があること。

そして路地は軽トラくらいなら走れるだけの道幅があります。実際に走っていました。ふいに車が現れることがあるので、島を回るときは注意しましょう。

伊吹島の路地

伊吹島の路地。車が走ります

小型の三輪自動車、ダイハツの「ミゼット」の開発には伊吹島出身の方が関わっています。
狭くて坂道の路地を荷物を持って行き来するのは大変なこと。そんな島での暮らしが小型自動車の開発につながっていたのかもしれませんね。

のりあいバス

伊吹島ではのりあいバスもありました。

港の切符売り場のところにバス停があります。

伊吹島のりあいバス

 

時刻表とルートはこんな感じです。

伊吹島のりあいバスの時刻表

 

のりあいバスといっても道幅の狭い島でのこと。バスは軽自動車でした!
急な坂道の多い島なので、島の人の大事な”足”なのでしょう。

伊吹島のりあいバス

思ったよりも作品数が多い?島を巡るうえでの注意点

シャトルバス乗り場や観音寺港の案内所、伊吹島の案内所などでもらえる伊吹島マップは必ずもらってくださいね!

伊吹島マップ

 

作品、イベント、食事ができるところ、お土産を買えるところ、全部載っています!
ガイドブックを開くよりも手軽で、わかりやすいですよ。

伊吹島マップ

 

船の中でこのマップを見ていると「えっ!?」と思う記述がありました。

複数個所に作品を展示している!

 

えっとー・・・。
作品168番と169番は複数個所で展示してあるってことですか!?

 

そんなの、聞いてない(公式ガイドブックに書いてない)よ~!!

 

地図には作品鑑賞順路も記されています。
作品169番は、できれば順番に見たほうがわかりやすいのだそう。

伊吹島はオススメ順路で回るのが良さそう

 

作品168番と169番のプレート

 

プレートを見逃さないように周囲を注意しながら散策してくださいね!

食事のこと

2016年の伊吹島には食事ができるとことろが何か所かありました。
写真を撮ったところのみですが、紹介します。

ヤムヤム

2013年の時にここで買ったイリコ飯がおいしくて、迷わず立ち寄りました!
イリコ飯のおむすびは1個100円。

ヤムヤム

ヤムヤムのイリコ飯

トーヨ

トーヨ

島の洋食屋さん

旧伊吹小学校の校庭でやっています。
お好み焼き(ネギ巻きみたいなもの?)を200円で販売していました。

島の洋食屋さん

上福水産

伊吹公民館前で。ポテトや地エビの天ぷらといった、気軽につまめる揚げ物です。

上福水産

うららの台所

芸術祭公認プロジェクト。「うららの玉手箱」という2000円のお弁当を販売しています。
数に限りがあるので整理券を入手してからお弁当を買うようになるみたいです。
11時頃でしたがすでにこの行列でした!

うららの台所

食事処 島人

食事処 島人

食事処 島人

お休み処まっちゃん

この路地の奥のほうにあるようです。いりこづくし料理。

お休み処まっちゃん

古民家 cafe M

「お休み処まっちゃん」と同じ路地で、まっちゃんよりも手前にあります。
喫茶・軽食のようです。

古民家 cafe M

伊吹アンチョビ プネウマカレー

伊吹島で獲れたカタクチイワシを使ったカレーということで、行ってみました。

伊吹アンチョビ プネウマカレー

 

門をくぐると小さな中庭があります。ここと家の中でも食べることができますが、席数はどちらも少なめです。

伊吹アンチョビ プネウマカレー

 

カレーは500円、ごはんも無料で増量してくれるそうです。
チキンがごろっと入ったスパイシーだけど辛すぎないカレーはとってもおいしかったです!
お持ち帰りもOKなので、景色のいいところで食べるのもいいですね。

伊吹アンチョビ プネウマカレー

 

手作りのアンチョビも売っていました。1つ300円。
種類は魚醤、ペースト、ソースの3種類。ペーストを買って帰りました♪

アンチョビ

 

伊吹アンチョビ プネウマカレー(公式サイト)

平三水産

公式ガイドブックはもちろん、「伊吹島マップ」にも載っていないお店。
イリコが香る伊吹バーガー!食べてみたかったなあ。
泉蔵院の近くでやっています。

平三水産

平三水産

島・cafe加伊茂

島・cafe加伊茂

伊吹島はイリコの島

うどん県香川でうどんのダシにかかせないのがイリコ(カタクチイワシ)です。
伊吹島はイリコ漁場の真ん中にあるので、漁も、加工作業もしやすいのだそう。

そんな伊吹島でのお土産はやっぱりイリコ!いいダシがでますよ。

港周辺と旧伊吹小学校~公民館のあたりにお店が何軒かあります。

伊吹島、お土産にイリコはいかが?
土産売り場(2013年)

イリコといえばカタクチイワシが一般的ですが、漁ではほかの小魚も一緒に獲れます。そんな変わり種のイリコたちもおもしろいですよ。おやつに、お酒のつまみに、こんなのはいかがですか?

タチウオのイリコ
タチウオのイリコ(2013年)

イリコが気に入ったら、こんな本もありますよ。

作品の鑑賞時間

2013年のときは
観音寺港9:45発→伊吹島10:10着
伊吹島15:30発→観音寺港15:55着
の便を使いました。
最後に港周辺の土産物を見って回ることができるくらいの余裕がありました。

2016年は
観音寺港9:45発→伊吹島10:10着
伊吹島13:30発→観音寺港13:55着
の便を使いました。
ゆっくりとお土産を見る暇はなかったけれど、お目当てのタチウオのイリコだけはしっかり買ってきました!(笑)

伊吹島、船が出航するときのお見送り
船が出航するときに旗を振って見送ってくれました。感動!(2016年)

まとめ

いかがだったでしょうか。

2013年はイリコ漁真っ最中の時期だったので、路地を歩いていてもどこからともなくイリコの匂いがしてきたのが印象的でした。

港から集落への坂道は急なので、根性を入れて登ってくださいね。

2013年からの継続作品、旧伊吹小学校で展示されている「沈まぬ船」はワークショップに参加しました。約6万個の浮きのなかに、わたしと夫が作ったものがまぎれこんでいます(笑)

伊吹島「沈まぬ船」

この記事が島巡りの参考になればうれしいです。

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする