瀬戸内国際芸術祭!藤井フミヤさんもお気に入りの粟島の回り方

諸事情により、一部のページで画像が表示されておりません。ただいま復旧作業中です。今しばらくお待ちください。

瀬戸内国際芸術祭!藤井フミヤさんもお気に入りの粟島の回り方

うどん県で生まれて育ちました。こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

3月20日から「瀬戸内国際芸術祭2016」が始まりました!

これは瀬戸内の島々を舞台に開催される、現代美術の国際芸術祭です。
トリエンナーレ(3年に1度開催)形式で、2010年に第1回、2013年に第2回が開催され、今回は第3回目になります。

実はわたし、2010年、2013年共に全作品を鑑賞しています!(イベントは除く)

全島を巡った経験を元に、各島の回り方や気を付けたいこと、オススメ情報なんかをまとめてみます。
今年はアートと美しい瀬戸内の景色を楽しんでみませんか?

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

スポンサーリンク

粟島(あわしま)

粟島は秋会期のみの開催になります。

藤井フミヤさんが「もう一度行きたい島」の1位に挙げたことで、注目された島ですね。

紫雲出山より粟島を望む

 

鮮やかな粟島海洋記念館(海員養成学校)の建物が印象的。目立つので船からでも目に入ります。

粟島海洋記念館

粟島へのアクセス

粟島へは三豊市詫間町の須田港と宮の下港から粟島汽船が高速船を運航しています。(須田港発のほうが便数が多い)

また、芸術祭期間中のみ[高見島~粟島]の臨時便がにじ観光により運航されます。

粟島への航路

 

須田港発、粟島行の船の時刻表
粟島行の船の時間はこちら
粟島行きの高速旅客船
須田港-粟島-宮の下港を結ぶ高速旅客船。
車も1台なら乗せることができます。
須田港
須田港。芸術祭の作品の1つにもなっています。
須田港
須田港の乗り場(2016年)

車の方は無料駐車場からシャトルバスで須田港へ

車の方は無料駐車場が用意されています。

車で走っていると右手に駐車場が見えてきますが、入り口は奥にあるので表示に従って進んでくださいね。

須田港の無料駐車場

須田港の無料駐車場
須田港の無料駐車場

シャトルバスは平日は30分間隔、土日祝は15分間隔で運行しています。

無料駐車場と須田港を結ぶシャトルバス
無料駐車場と須田港を結ぶシャトルバス

須田港のシャトルバス乗り場に着いたら、係の方の指示に従って進んでくださいね。港はすぐ近くにあります。

須田港のシャトルバス乗降場所
須田港のシャトルバス乗降場所

歩いていくと船の乗船チケットを買うための案内が出ているので、表示に従って進んでください。

船のチケットの購入は案内に従って進む
船のチケットの購入は案内に従って進む

無料駐車場に「みとよマルシェ」が出店しています

わたしたちが行った日は、無料駐車場にみとよマルシェが出店していました。

讃岐のみとよ・マルシェ(Facebook)

みとよマルシェ

 

三豊(みとよ)市の特産品をいろいろと売っています。

みとよマルシェ

 

試食しておいしかったものだから、つい買ってしまいました(笑)

みとよマルシェで買ったもの

キャラメル味のポン菓子って初めて!キャラメル味といえばポップコーンが思い浮かびますが、ポップコ-ンより軽い感じがしました。

そして外側にまぶしているのはもちろん、生地にも和三盆を使っているというクッキーは、ほろほろタイプです。和三盆なので上品な味に仕上がっているんですよね・・・うっとり。

タケノコは芸術祭期間中、特別価格で提供していますとのことでお買い上げ。
今は野菜が高くて困っていたので、おかずの一品にします!(笑)

 

今後のみとよマルシェの出店は、11月3日、5日、6日だそうです。

この日に行かれる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

島内は徒歩でまわる

作品鑑賞は徒歩で回ることができます。
港周辺はほぼ平地。小学校への道がゆるい上り坂になっているくらいです。

2016年は港周辺だけでなく西浜にも1つ作品がありますが、港から徒歩20分くらいで行けるようです。道中はアップダウンがあります。

なお、旧粟島小学校や漂流郵便局からだと西浜まで10分くらいでした。

台数は少ないですが、レンタルサイクルもありますよ。

粟島、西浜地区
西浜。手前の並んでいる石は粟島芸術家村事業で滞在していた作家さんが作った作品。

ブイねこたちが道案内!?

港周辺の集落は路地が入り組んでいて、「こっちでいいのかな?」と不安になることもあるんですよね。

でも大丈夫!

粟島にはブイ(浮き)でできたねこ達がたくさんいて、道案内をしてくれているんですよ。2013年のときはこんな感じでした。

粟島のブイねこたち

粟島のブイねこたち

粟島のブイねこたち

道端のブイねこたちを確認しながら、散策してくださいね。

食事のこと

芸術祭期間中のみの出店もあって、いろいろと選択肢がありました。
写真を撮ることができたお店だけですが、紹介しますね。

港から粟島海洋記念館までの間

港の目の前、民宿いせやにて。
お好み焼き400円、ギョウザ4個200円、ドリンクなど。

民宿いせや

 

「ギフトショップにしやま」の店頭で、パンやドリンク類を売っていました。

出店

 

渡海屋。
パック入りのタイめし(500円)、タコめし(500円)、イカ焼きやトウモロコシなどもありました。

そのお隣はコーヒーやドリンク類を売っています。コーヒーはハンドドリップですよ!

出店

 

三豊バーガー(500円)、や唐揚げ、マンゴージュースなど。

出店

 

こちらではパンを売っていました。
箱に「へんこつパン」と書いてあるので、へんこつパンから仕入れたものかな?

出店

武内商店

島のスーパー?コンビニ?的なお店です。
2013年の芸術祭のときはお弁当やパンをいつもより多めに仕入れていると言っていたので、2016年も同じではないかと思います。
ただ、小さな島でのこと。余るほど仕入れることはないと思うので、早めに確保しておくのがベターだと思います。

粟島、武内商店

ル・ポール粟島

粟島海洋記念館のすぐ近くにある宿泊施設。食事だけもできます。

ル・ポール粟島(公式サイト)

写真は2012年に粟島へ遊びに行ったときのものです。

ル・ポール粟島

ル・ポール粟島のランチメニュー
ル・ポール粟島のランチメニューはこんな感じ。
ル・ポール粟島のランチ。鮭の南蛮あんかけ
ランチの鮭の南蛮あんかけ。(2012年7月)

粟島もんてクルー食堂

2016年は粟島もんてクルー食堂でランチをいただきました。
場所はル・ポール粟島の裏になります。

粟島もんてクルー食堂(Facebook)

粟島もんてクルー食堂

 

テントにテーブル席があります。買ってこおで食べるもよし、ほかの場所に行くのもいいですね。

粟島もんてクルー食堂

 

おかずセット(700円)、おかえり!炊き込みごはん(300円)、炊き込むご飯の焼きおにぎり(200円)、オリーブ豚と讃岐野菜の芋煮汁(300円)を買いました。

粟島もんてクルー食堂で食べたもの

おかずセットは三豊ナスの海老そぼろ餡かけ、粟島近海の地だこの天ぷら、讃岐産鶏のスパイス焼きの3種類が入っています。三豊!粟島!香川!を詰め込んだ、贅沢なセットです。ナスがおいしかった♪

かえりちりめんが入った炊き込みご飯は、伊吹島のイリコ飯とはまた違ったおいしさです。焼きおにぎりだと香ばしさがプラスされていいんですよね。

芋煮汁はサトイモが入っているのかと思ったらサツマイモでした。やさしい甘さが豚肉と味噌と相まっておいしい!2つ買えばよかったねと言いながら、夫と分けっこしていただきました。

粟島海洋記念館を通り過ぎたところにあるお店

お店のほうまでは行けなかったのですが、

1つはNogirou(ノギロウ)粟島店。港でチラシを配っていました。

Nogirou(ノギロウ)粟島店

マクロビメニューのお店です。玄米ヘルシーランチ1500円、他。

もう1つは島カフェ牧野。海洋記念館の近くに看板が出ていました。
ふる里ランチ500円、手作りパンランチ500円、他。

島カフェ牧野

漂流郵便局のあたり

漂流郵便局の横に漂流喫茶うみのらくえんがありました。
メニューは未確認。ドリンクだけかな?

漂流喫茶うみのらくえん

 

漂流郵便局の近くにピザを作っているところがありました。なんとピザ窯があります!
ピザは500円。

ピザ

西浜

作品を見に西浜に行くと、こんな案内板がありました。

サイレントカフェ

 

少し歩いたところにお店がありました。ピザ、パスタ、ドリンク類があるみたいです。

サイレントカフェ

粟島まめ知識

漂流郵便局

2013年の芸術祭の作品の一つでもある漂流郵便局は大きな反響を呼び、本も出版されました。

そんな漂流郵便局が海を越え、2016年1月19日~2月22日の期間限定でロンドン支局も開設されたんですよ。

漂流郵便局 局員便り

漂流郵便局

漂流郵便局の局長と作家さん
局長の中田勝久さんと、局員(作家)の久保田沙耶さん

藤井フミヤさんゆかりのもの

(1)植樹した木
ル・ポール粟島と粟島海洋博物館の敷地内にあります。

うまく根付かなかったのか、調子悪そうだったんですよね・・・。枯れていないことを祈るばかりです。

藤井フミヤさんが植樹した木

 

(2)ベンチ
藤井フミヤさんが座ったベンチが港周辺の集落の路地にありますよ。

"藤井フミヤさんが座ったベンチ

粟島、ブイねこによる案内板
道端に案内も出ていましたよ♪

 

(3)ブイねこ
粟島にはたくさんの「ブイねこ」たちがいます。
ブイねこは浮きを使って作られたねこちゃんたちなのですが。

そんなブイねこの中に・・・

藤井フミヤさんのブイねこ

藤井フミヤさんがデザインしたブイねこがいます!
こんなお顔の子です。どこにいるのかわかりませんが、探してみましょう。

藤井フミヤさんのブイねこ

 

粟島、民宿ぎんなんの場所

城ノ山展望台

旧粟島小学校の近くに登山口があります。頂上まで30分くらいだったでしょうか。
天気がいい日には素晴らしい景色を望むことができます。
(写真は2014年10月、午前中の撮影です)

城ノ山展望台

城ノ山展望台

作品の鑑賞時間

2013年のときは本島12:15発、粟島13:15着の船で島に入り、半日で全作品の鑑賞ができました。
ただ、2013年は作品展示は港周辺のみ。今年は西浜に作品があるので半日だとどうだろう?と感じています。西浜まで徒歩往復+作品鑑賞で1時間くらいは見ておいたほうがよさそうなので。

まとめ

いかがだったでしょうか。

粟島は日本初の海員養成学校(現・粟島海洋記念館)ができたところです。
その関係でしょうか、島は外洋船員さんが多く住んでいるそうで、島の雰囲気がどことなく穏やかな感じがします。
漁師の島には独特の険しさみたいなものがあるのですが(あくまで雰囲気です。島で出会ってお話をした漁師さんたちは皆、気さくでユニークな方たちでした)、粟島は他者を温かく迎え入れるようなおおらかさがあるんですよね。港を渡り歩く船員さんならではの社交術なのでしょうか。

瀬戸内国際芸術祭のとき以外でも何度か訪れたことがある、わたしのお気に入りの島です。

粟島、空き地でもブイねこたちがお出迎え
空き地に島の人たちが飾りつけをしていました。
来島者に楽しんでもらうための心遣いに気持ちもほっこりします。(2013年)

この記事が島巡りの参考になればうれしいです。

瀬戸内国際芸術祭2016 会場の島々
女木島 男木島 小豆島 直島
豊島 犬島 大島 沙弥島
本島 高見島 粟島 伊吹島

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

暮らしを大切に、日々気持ち良く。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク