ブリ(ハマチ)養殖発祥の地で食べるハマチ丼。ワーサン亭は安くておいしくて新鮮!

こんにちは、さえ(@SoranoHami)です。

季節外れではありますが、香川県はブリ(ハマチ)の養殖にも力を入れています。

徳島県に近い引田(ひけた)にある安戸池(あどいけ)が世界で初めてハマチの養殖に成功した場所なんですよ!

ブリ(ハマチ)養殖発祥の地、引田は、野網和三郎氏(ワーサン)が昭和3年(1928年)に、安戸池において、世界で初めて海水魚であるハマチの海面養殖の事業化に成功した所です。

参考サイト:引田漁協協同組合「ひけた鰤(ブリ)の紹介」

そんな安戸池のほとりでハマチ丼を食べることができると知り、一度行ってみたいと思っていました。
やっと行くことができました!

安戸池
安戸池

スポンサーリンク

安戸池の場所はこのあたり

安戸池があるのはだいたいこのあたりです。

香川県地図、安戸池の場所

 

拡大するとこんな感じ。
国道11号線から北のほうに入っていく感じになります。

文字が読みづらいですが、「(株)ソルトレイクひけた」と書いてある場所に食事ができるワーサン亭があります。

香川県地図、安戸池の場所

ワーサン亭

ワーサン亭に着きました!

ワーサン亭

 

建物に入ると、1階は販売コーナーになっていました。

ワーサン1階は販売コーナー

 

出入り口を背にして右側奥に階段があります。

ワーサン、2階への階段

 

2階が食堂になっています。

ワーサン亭の店内の様子

 

窓側にはこんな席もありました。

ワーサン亭の店内の様子

ワーサン亭のメニュー

メニューはこんな感じです。
ハマチ関係はやっぱり安いですね!

ワーサン亭のメニュー

ワーサン亭のメニュー

ワーサン亭のメニュー

ワーサン亭のメニュー

ワーサン亭のメニュー

ふつうの定食や丼物、うどんやカレーもあるので、刺身が苦手な人と一緒でも安心です。

ハマチ丼

せっかくなのでハマチ丼定食を頼みました。

注文は取りに来てくれますが、料理は自分でとりに行くセルフサービスになっています。

ハマチ丼定食

ハマチ丼、みそ汁、小鉢、香の物がついて700円!安いですね。

ハマチは身が小さめですが、たっぷりと乗っています。

ハマチ丼

どんぶり用のダシを自分でかけることができるのが良かったです!

すっかり味覚が薄味になってしまったので、お店のほうでかけて出されるとたいてい濃くて食べるのがつらくなっちゃうんですよね。
ダシが別添えだと、自分で加減ができるのでうれしいです。

ハマチは旨味はあるけれど、思いのほかあっさりとしています。季節外れだからかな?
旬になる秋に再チャレンジをしてみたいですね。脂がのったものを食べてみたいです。

今の時期なら讃岐さーもんがオススメ!

鮭好きな夫は期間限定讃岐さーもん刺身定食を選びました。

讃岐さーもん刺身定食

 

肉厚の讃岐さーもんがおいしそう・・・!

讃岐さーもん刺身定食

 

讃岐さーもん”は、坂出沖などで海面養殖されたトラウトサーモン(海面養殖ニジマス)です。瀬戸内海の水温が低下する12月に25cm程度の稚魚を網生け簀に入れ、約5カ月かけ育成。毎年4月下旬から5月下旬まで期間限定で出荷されます。冬から春にかけての瀬戸内海の水温はトラウトサーモンの生育に適し ており、臭みが少なく適度に脂の乗った“讃岐さーもん”に育ちます。

参考サイト:LOVEさぬきさん「讃岐さーもん」

 

讃岐さーもんはちょうど今が旬。臭みも無くてすごく食べやすいのです。

あまりサーモンの刺身を好まない(積極的に食べないだけで、嫌いなわけではないのですが)わたしが、しまった、ハマチじゃなくてこちらにすればよかった!と思ったくらい、おいしかったです。

やっぱり旬の食材に勝るものはないですね。

お店情報

ワーサン亭はセルフサービスになっています。料理ができたら呼んでくれるのでとりにいき、食べ終わったら返却口へ持っていくようにします。会計は後払いになっています。

ワーサンの近くにはマーレリッコという体験学習館があります。
また、安戸池釣場で釣りもできます。(釣り竿レンタル有)ハマチ、カンパチ、タイなんかを釣ることができるようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で